menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットの運動について

好奇心旺盛で、とても活溌なフェレットは、1日のうち1時間程度は、たっぷりと運動させるようにしてください。
ケージの中に入れっぱなしにすると、運動不足からストレスを感じ、凶暴化する可能性があります。

フェレットだけでなく、人間のペットとして飼われている動物は、特に運動不足になりがちです。
長く健康であり続けるためにも、できるだけ体を動かし、筋力等が衰えないように飼い主が気をつけるようにしましょう。

1日の約半分以上は睡眠を摂っているフェレットですが、その分、起きている時間は、とっても活溌でいろいろなものに関心をしめし、とても行動的です。

飼い主とじゃれたり、好きなおもちゃとじゃれたりと、体を動かす事がとても大好きな動物なのです。

適度な運動は、ストレスを解消する

フェレットは、ストレスを感じることで、凶暴化になりやすく、飼い主のいうことは一切聞かなくなります。
その他にも毛がぬけたり、食欲の低下など、体への弊害も徐々に見られるようになりますので、ストレスの蓄積はできるだけ避ける必要があります。

その為にも適度な運動は、必要不可欠なのです。
日中仕事に出かけている飼い主は、どうせ留守の間は寝ているだろうから、長時間放置しても特に問題ないと感じ、ケージの中に入れっぱなしで帰宅が遅くなる方もいます。

しかしケージの中に入れられているフェレットは、窮屈感と不安、寂しさ、退屈感からイライラや欲求不満など落ち着きのない行動が確認されるようになります。

夜遅くになってもなかなか眠らず、ケージをガンガンと音を立てるように歯でかんだり、ケージの中を暴れまわるなどの異常行動を起こすようになります。

ストレスを解消出来る方法は、適度に体を動かすことですから、仕事などが特にない場合には、できるだけ早く帰宅し、フェレットをケージから出して、たっぷりと遊んだり、おもちゃを与えて、体を動かすようにしましょう。

適度な運動は、健康管理が維持できる

ストレスを解消できる運動は、その他にもフェレットが健康であり続けるためにも必要不可欠です。
これは人間社会にも言えることなのですが、体を動かさず、じっと部屋にこもってばかりいると、骨や筋肉の機能が低下し、徐々に足腰が弱まり、次第に元気がなくなります。

筋力の低下は免疫機能の低下や臓器などの機能が低下しますので、元気に毎日をおくるのは難しくなるでしょう。
適度な運動によって、筋肉や骨を動かし、それぞれの機能を高める事が可能となります。

いつまでも愛するフェレットと楽しく過ごすためにも、1日の内に1時間から2時間程度は、一緒に遊んで、体を動かせるようにしてください。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top