menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットの年齢に応じた飼育

フェレットを飼う場合には、それぞれの年齢に合わせた飼育方法を考える必要があります。
なぜなら生後間もないフェレットに強くしつけをしても理解することは難しいですし、高齢になったフェレットに若いフェレットと同じような食事を与えるというのも健康上良くはありません。

特に食事やしつけなどに関しては、それぞれの年齢に応じた飼育方法で対応しなければなりません。

生まれてから5ヶ月位までのベビーフェレットの飼育方法

ペットショップから購入したフェレットのほとんどが、生後1ヶ月から3ヶ月くらいの赤ちゃんフェレットです。
この時期にフェレットを飼う方も多く、愛くるしい顔に癒されるととても人気です。

ベビーフェレットは、当然ですが、いろいろなことを全く知りません。
特にトイレや噛み癖などは、これから飼い主によって学習していくことになります。

ペットショップによっては、すでにトイレのしつけを完了させているところもありますので、購入の際にアドバイスを貰うといいでしょう。

この時期のフェレットは、柔らかく水分の多いフードを与えるようにしましょう。
消化機能が完全になっていませんので、堅いドライフードを与えると消化不良を引き起こし、下痢や嘔吐の原因になります。

歯が完全に生え変わったのを確認した後に堅いものへと徐々に替えていきます。
柔らかいフードを与える場合には、季節によっては痛むのが早い場合がありますので、新鮮なフードを準備出来るように注意をしんましょう。

赤ちゃんフェレットは、甘えん坊で、飼い主にじゃれるのがとても大好きです。
またおもちゃなどにも興味を示しますので、この時期のフェレットが噛んでも大丈夫なものを準備しましょう。

あまりにも小さなおもちゃやゴム製のものなどは、誤飲の危険性もあります。
飼い主の見ている前で遊ばすなどの注意を払いましょう。

生後半年から3歳程度の青年期のフェレットの飼育方法

フェレットの年齢は人間の18歳で1年、24歳で2年という数え方や1年で10歳、2年で20歳という年齢の数え方があります。
いずれにせよ、急速に成長を続けるフェレットは、生後半年から約3年間を青年期といいます。

その時期のフェレットは、好奇心も旺盛で、すごく活溌に行動します。
性格などが顕著になるのもこの時期で、野生の本能が強く残っている場合には、凶暴性も時々見え隠れします。

噛み癖などが強くなるのもこの時期ですから、ベビー期にしっかりと噛み癖を直しておくようにしましょう。
赤ちゃんフェレットと比べると、飼い主の手を多く煩わすようになります。

そのくらい活溌に動きまわるフェレットですから、これまで以上にいろいろな事に注意をしなければなりません。
よく食べよくお水を飲むようにもなりますので、常に新鮮なお水とフードを準備するようにしましょう。

時々やお散歩など外に連れ出すのもいいですよね。

4歳からの高齢期にさしかかるフェレットの飼育方法

高齢期といわれる時期のフェレットは、急に活動が弱くなり1日中寝ている時間が長くなります。
この時期は、病気などを発症する事も多く、健康面に注意をしなければなりません。

病院代は人間に比べるととても高額になりますので、早いうちにペット保険を検討する必要もあります。
運動能力も低下し、筋力も徐々に落ちてきますので、フェレットの寝床などへの配慮も忘れずにおこないましょう。

ハンモックが大好きなフェレットですが、高齢になると高い場所からの登り降りも難しくなりますので、ハンモックの位置を低くするような対策を取りましょう。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top