menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

他の動物との相性

フェレットを家族の一員として迎える場合、初めての動物という家庭も多いはずですが、中には、すでに犬や猫、ハムスターや熱帯魚など他の動物を飼っているところもあると思います。

その場合には、新しく迎えるフェレットに対しても、長く家族と一緒に生活している動物に対しても細心の注意を払わなければなりません。

フェレットから見る他の動物

フェレットは、好奇心がとても強く、いろいろな事に関心があります。
その為、すでに鳥やハムスター、熱帯魚などの小動物を飼っている場合には、フェレットが近寄らないように気をつけなければなりません。

新しい環境に連れてこられたフェレットは、ただでさえ興奮している状態にあります。
それに加え、見たこともない、小さくて動く動物を目にすると、よけいに興奮し、捕獲したいという習性が芽生えてきます。

フェレットにしてみれば、その動物を傷つけたいという気持ちではなく、玩具としての対象でしかありませんので、悪気はなくても好奇心を抑えることができないのです。

またすでに家族の一員として安泰に生活を送っている動物にとっても、新参者のフェレットの存在は、恐ろしく、安心して過ごす事はできないと思います。

特にフェレットにとって、これらの小さな動物と仲良くなることは、難しいと思われますので、どうしてもどちらもペットして飼いたいと希望するのであれば、部屋を完全に分けるなど互いの存在が確認できないような工夫が必要です。

相性の良い動物

ではフェレットは、どのような動物と一緒に飼った方が、仲良くできるのかというと、現在犬や猫と飼っている方が多いようです。
特に体が大きくておっとりとした性格のラブラドールなどの犬とフェレットを飼っている人も多く、一緒に寝たり、遊んだりしている姿が動画サイトなどで紹介されています。

その他にも猫とフェレットを同時に飼っている飼い主もいるようですね。
比較的性格の穏やかな犬や猫との相性が良いと言われていますので、その辺りを検討した上で、他の動物と飼うことを決めるといいでしょう。

しかしいずれにせよ、他の動物をすでに飼っている場合には、後でフェレットを迎える時には、これまで飼っていた動物への配慮と、これから来るフェレットの不安に寄り添えるような飼い方をしなければなりません。

人間は、なぜか新しい動物に関心が行く傾向にあり、これまで飼っていた動物への関心が薄れることで、その動物が寂しさから新しい動物に対する嫉妬から関係がうまくいかない場合もあります。

複数の動物を飼う場合には、動物の気持ちになって、どちらにも不快な思いをさせないように心がけるようにしましょう。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top