menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

CATEGORY病気と対策

排尿困難

近年のペットブームを受けて犬や猫以外にも爬虫類や小動物、ハムスターやフェレットなどのを飼う人もとても多くなっています。 特にフェレットは体のサイズが小さく、非常以上に吠えたり鳴いたりしないことからマンションやアパートなどの集合住宅でも気軽に…

人間の風邪はフェレットに伝染る

ペットを飼っている人は、まさか自分の風邪やインフルエンザがフェレットにうつることは無いと簡単に考えているとおもいます。 その理由の一つに、犬や猫などを飼っている人の場合には、人間の風邪がうつることがないという状況からです。 現在犬や猫を飼っ…

不妊治療と去勢治療の必要性

動物の不妊や去勢手術については、飼い主によって賛成と反対の意見に分かれます。 どちらの意見も間違いではありません。 ただ避妊や去勢手術をしないことで、病気になるリスクも高くなりますので、手術の必要性を良く理解しておくようにしましょう。 国内…

肛門が腫れた

イタチ科のフェレットは、肛門付近にある臭腺によって強烈な匂いを放ちます。 フェレットの匂いは、野生で生きるために必要不可欠なものとなりますが、ペットとして飼う場合には、飼い主にストレスを与えてしまいますので、通常臭腺除去手術が行われています…

目の周りの感染症

フェレットが目を気にするような仕草をみせたり、涙目や赤い目をしている場合には、眼科系の症状を引き起こしている可能性があります。 目の周りの感染症について フェレットは週に1回もしくは月に1回お風呂に入れていると思います。 シャンプーをする場…

下痢の原因

フェレットは、様々な場所で繁殖がおこなわれ、世界中から国内に輸入されています。 ファームによってそれぞれに体質や性格が異なり、また飼い主によってもフェレットに与える生活環境が異なりますので、体質に変化がおきます。 その為病気になりやすい子と…

毛球とは

フェレットやウサギに見られる症状に毛球症といものがあります。 食欲不振や下痢の症状が続いた場合には、毛球症の疑いも考えられます。 フェレットの場合平均して2歳以上の子に発症率が高いと言われています。 食欲がなくなり、嘔吐を繰り返すようになり…

高齢期に多くなる白内障

人間は年齢を重ねるとともに、体にいろいろな不調が出てきます。 これは人間だけにおこる症状ではなく、フェレットの高齢期にも様々な体調不良が確認されています。 老化を完全に塞ぐことは難しいですが、できるだけ老化の進行を抑制し、万が一障害が確認さ…

歯の健康管理

鋭い歯を持っているフェレットといえど、食生活次第では、確実に虫歯になることがあります。 フェレットが自ら歯を綺麗にしてくれるのであれば、特に心配もありませんが、そういうことは一切ありませんので、飼い主がフェレットの歯の健康を管理しなければな…

フェレットの病気インスリノーマ

フェレットの飼い主は、誰だっていつまでも健康でいて欲しいと願うものです。 しかし遺伝的な問題や生活環境、食事によって様々な病気になる可能性もあります。 フェレットに起こりうる病気を事前に理解し、早期発見と早期治療ができるようにしておきましょ…

さらに記事を表示する
Top