menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

おとなしいフェレットに育てる方法

フェレットはとても活溌で、家中を走り回っている様子が、動画サイトにも数多く紹介されています。
見ているだけで、飼い主に元気を与えてくれるフェレットですが、飼い主の中には、おとなしいフェレットを好む方もいます。

ファームや性別によっても性格は色々と違い、野生の質が強い場合には、活溌で時々凶暴化する場合もあります。
最近ではより人間の生活にマッチしたフェレットをの改良が勧められており、交配によっておとなしい性格の子も誕生していることがあると言われています。

もともと持っている質というものもありますが、生後まもないフェレットをおとなしい性格に育てる方法もあります。

小さい頃に愛情をたっぷりと与える

生後すぐに飼い主に引き取られたフェレットは、本当の親元から離され、全く違う環境に不安を抱いているはずです。
そんな時には、常に飼い主が抱き上げ、まるで本当の親のように接すると良いでしょう。

小さい頃に飼い主の匂いや感触を全身で感じたフェレットは、とてもリラックスし、安心感から飼い主を本当の親だと思うようになるのです。

フェレットを実際に飼っている人の中には、常にエプロンのポケットの部分に、ベビーフェレットを入れて1日中過ごしたという主婦もいるようですね。

幼少期に飼い主との時間を多く持つことで、常に安心した状態にありますので、性格の穏やかなフェレットに育てる事ができるという説もあります。

仕事で日中留守にしている場合には、帰宅後、テレビを見ている時に膝の上に置いたり、朝新聞を読んでいる時や雑誌を読んでいる時に抱っこしているだけでもかなり効果があります。

とにかく不安いっぱいの赤ちゃんフェレットとのスキンシップを多くとるようにしましょう。

抱き癖をつける

小さい頃に家族や飼い主に抱きかかえられている時間が長くなると、フェレットは、抱っこされたり、触れられたりすることに何の違和感も感じなくなります。

抱き癖のついたフェレットは、シャワーを入れる時や爪切り、耳の掃除などなど日々のケアの時にもとても快適に行う事ができます。

飼い主に信頼を寄せていますので、体を預けても嫌がることはなくなりますので、万が一動物病院へ診察に行った場合には、とてもおとなしく受診できる子になります。

抱かれるとこんなにも気持ちがいいという事を、できるだけたくさん教えてあげるようにしましょう。

おとなしいフェレットはしつけもしやすい

小さい頃にたっぷりの愛情をもって育てたフェレットは、しつけもしやすい傾向にあります。
人間のことをとても信頼していますので、ゆっくりと色々なことを教えると、理解しようと努力します。

トイレや噛み癖などは、他のフェレットに比べると短期間で覚えられるかもしれませんね。
愛情をもって接するということは、人間だけでなく、すべての動物にあてはまるのではないでしょうか。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top