menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

飼育する環境を整える

フェレットを室内で飼う場合場合には、ケージを準備しなければなりません。
室内に放牧しっぱなしだと、人間とフェレットの住環境の区別がなくなり、衛生面にも問題が発生します。

またフェレットの安全を確保するためにもケージは必要不可欠な飼育用品となります。

フェレットのサイズに合わせたケージを準備する

ケージは、フェレットの体長に合わせて準備するといいでしょう。
成長に応じて、その都度サイズを取り替えてもいいですが、ある程度の成長サイズを知っておくことで、そのサイズに合わせて購入しておくと便利です。

ケージはペットショップで購入できますが、最近では、インターネットを活用して幅広いサイズやデザインのケージを手軽に購入できるようになっています。

フェレットは、運動量がとても多いために、ゆとりのある大きさのものを選ぶようにしましょう。
サイズは、子供用から大人用、2階と3階に仕切られているものなの色々とあります。

素材は、クロームメッキ製のものが殆どで、耐久性に優れています。
フェレット専用のケージは、体が通り抜けにくく、作られていますので、隙間に入り込むフェレットに対応しています。

ケージ下には、フェレットが暴れまわっても大丈夫なようにマットを敷いて上げましょう。
ケージが準備できたら、今度は日常生活に必要な飼育用品をセットしてあげましょう。

季節や年齢、体型に応じが飲み水を準備する

フェレットは大きさの割には、たっぷりの水分を1日に何度も摂取します。
新鮮なお水が大好きで、フェレットが飲みたい時にすぐ飲めるようにフェレット専用の給水ボトルを準備してください。

これは、フェレットが口をつけると水がでる仕組みになっており、虫やゴミなどが入りにくい作りのものです。
給水ボールでもいいのですが、その場合には、ステンレス製の物を利用するようにしましょう。

ボールに水を入れる場合には、ゴミや虫の混入がないように、頻繁に取り替えるように注意をしましょう。

快適なフェレット専用のトイレを準備する

フェレット専用のトイレはそれぞれのサイズにぴったりと合うものがありますので、ストレスを感じることなく快適にトイレが利用できると思います。

トイレの中には、フェレット専用の砂を敷いてください。
なんでも口にしてしまうフェレットには、過って口にしても安心のおからなどの成分で作られているものを利用するのもお勧めです。

ゆらゆら揺れる快適な寝具を準備する

フェレットは1日に20時間以上は、睡眠を取ります。
ゆっくりとリラックした状態で長時間の休息に対応出来るように、快適なハンモックを準備してください。
フェレット専用のハンモックを高い場所に吊るしてあげるのですが、高齢になると高い場所への登り降りが難しくなりますので、年齢に応じて高さを調整しましょう。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top