menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットの誤飲について

獣医さんが経験するフェレットの事故の対応で、最も多いのが誤飲や誤食だと言われています。
好奇心が旺盛なフェレットですから、目の前のものにすぐに関心をしめし、口にする傾向にあります。

その為室内で放牧している最中の誤飲がとても多く、多くの飼い主さんが経験しているのではないでしょうか。

身近にある布製品の誤飲、誤食

なんでこんなものを食べちゃうのって思うようなものをフェレットは、口にします。
誤飲のなかで最も多いといわれているのが、布製品です。

フェレットには、噛み癖があります。
大好きなぬいぐるみやケージのそこに敷いてあるタオルケット、ハンモックやその紐などなんでも噛んでしまいます。

布製品は、噛み続けていると次第に柔らかくなり、小さく切れてフェレットが飲み込んでしまうというのです。
小さいから大丈夫というわけではありません。

このような噛み癖による布の誤飲というものは、日々積み重なると、胃の中は異物でいっぱいになり、腸閉塞などを引き起こしてしまいっます。

布製品をフェレットの飼育用品として利用する場合には、噛んでもすぐに破壊されないような丈夫な物を使用するなど、注意を払うようにしてください。

トイレの砂だって食べちゃうフェレット

なんでも口にするフェレットは、トイレの砂も食べる事があります。
特に子供のフェレットは、いろいろな物を口にしますので、目を離さないようにしなければなりません。

トイレの砂を食べるフェレットの場合には、食べても良い物に変えるのも一つの方法です。
だからといって砂を食べてもいいというわけではありません。

万が一食べても大丈夫なように対策を取るだけで、食べているところみるとしっかりとしつけなければなりません。
お腹が空いている状態が長くなると、必要以上に誤飲が多くなるといいますので、フードは常に食べられるように新鮮なものを準備しておくようにしましょう。

観葉植物にはネットをはろう

室内に観葉植物を飾っているお宅はとても多いようですが、植物の種類によっては、中毒症状を引き起こすものがありますので、特に注意をしなければなりません。

フェレットは、土や砂を掘り返し、そこに体を入れようとする習性がありますので、観葉植物の植え込みを掘り返す行動を起こします。

その場合過って植物を食べたり、土を食べてしまうとそこに配合されている微生物や葉っぱの毒にあたる事があります。
フェレットを室内で放牧する際には、特に注意しなければなりません。

予め植え込み付近にネットを張って、フェレットが掘り返さないように工夫を取りましょう。
その他にも固形石鹸を好んで食べるフェレットや乾燥剤、人間のおやつやチョコレート、タバコやティッシュなどなどいろいろなものを誤飲することがありますので、フェレットにとって良くないものを落としたり、テーブルの上に放置しないようにしてください。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top