menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレット飼育上の注意点

フェレットを安全に、そして快適に飼育するためには、様々な注意点があります。
フェレットに限らず、動物を飼育するということは、簡単なことではありませんが、少しでも楽に飼育ができるように先ずは、フェレットの性質や習性などの理解を深めるようにしてください。

非常に好奇心旺盛なフェレットは、いろいろなものに対してとても興味を示します。
特に人間の手等が入らない隙間に潜りこんで、遊ぶのが大好きで、家具や家電と壁の隙間、排水口などの細い管の中など、とても危険な場所に興味を示します。

フェレットの安全を守るためにもこのような特徴を覚えておくようにしましょう。

突然の脱走

フェレットを飼っている人が経験をする一つに脱走があります。
遊びに夢中になることで、いろいろな場所に一直線に向かう傾向があります。

フェレット自身は脱走のつもりはないのかもしれませんが、ちょっとした窓の隙間や換気口、床下等など、人間の想像をはるかに超えた場所から外に出てしまう事があります。

素早い動きのフェレットは、一度外に出てしまうと、捕獲することはとてもむずかしくなります。
また外に出た瞬間、交通事故などの危険も高くなりますので、注意が必要です。

ケージから出して、室内で運動をさせる場合には、家中の隙間などを確認し、脱走を防ぐようにしましょう。

なんでも口にいれてしまう

いろいろなものに興味を示すフェレットは、家に落ちている様々な物を口に入れる傾向があります。
これは人間の赤ちゃんと同じですが、食べられるものとそうでないものの区別がよく理解できないのです。

その為タバコの吸殻や乾燥剤、ゴムや綿などフェレットの口に入りやすく、家のどこかになにげに置かれているものにも注意を払いましょう。

特に害虫駆除用の薬やお菓子などに入っている乾燥剤などは、大変危険です。
喫煙をするお父さんがいるお家では、灰皿の吸殻、ゴミ箱の中も確認するようにしましょう。

遊んだ後は、必ずケージに戻す

フェレットを室内で自由に運動させた後に、そのまま数時間放置する方もいます。
1日の間に20時間近く睡眠をとると言われているフェレットは、たっぷりと遊んだあとは、疲れて寝てしまう事があります。

カーテンの後ろや布団の間、壁の隙間など暗く細い場所に潜り込んで、ぐっすりと寝てしまうフェレットですが、そのままにしてはいけません。

フェレットやハムスターを室内で飼っている人に多く見られる事故に、踏み潰しがあります。
姿の見えなくなった小動物を放置すると、隠れているペットに気づかず、体で踏み潰したり、家具などを移動させていまい、挟んだ潰したりすることがあるのです。

そのような悲しい事故にならないためにも、ケージに必ず戻すようにしましょう。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top