menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットの寿命を考えた飼育方法

フェレットをペットとして迎えるにあたって、いろいろな情報を入手すると思いますが、その中でも最も気になるのが、寿命です。
どんなに大切に大事に育てても、確実に死期は訪れます。

フェレットの寿命については、遺伝的なものも影響しますが、人間に引き取られた先の生活環境や食事、ケアの方法によっても大きく左右されます。

一般的に言われている平均的な寿命は、7,8年くらいとなりますので、短い期間でたっぷりの愛情を注げるように、その飼育方法も考えるといいでしょう。

病気によって寿命が短くなるフェレット

ファームと呼ばれているフェレットの故郷が、世界各国にあります。
最近では、日本にも数少ないファームが存在しますが、全てのファームのフェレットが健康であるとは言い切れません。

その理由の一つにファームの環境にあります。
ビジネスとしてフェレットの繁殖をおこなっているファームには、どうしても不衛生な環境や無理な交配によって誕生しているフェレットも少なくありません。

何かしらの病気や遺伝的な問題が発生している可能性は、否定できずそれらを事前に確認することもまた難しいのです。
ペットショップから引き取った後に、病気を発症したり、体が弱い事が分かった場合には、速やかに適切な治療を受けさせてあげるのも飼い主の役目です。

病気だからといってすぐに手放したり、治療を放棄するような方は、フェレットに限らず動物を飼う資格はないと考えてください。

ペット保険を考える

病気になったからといっても、人間のように簡単に治療できないのが、動物を取り巻く現状です。
その理由に、高額な医療費があります。

保険が効かないペット病院の1回にかかる診療代や治療費は、数千円から数万円、検査や手術などが加わると数十万円は軽く見積もるといいでしょう。

その為、飼い主の中には、病院を受診することを避け、人間用の薬を活用し、なんとか病気を食い止めようと独自の判断で対応している方も多いようです。

しかし誤った判断によって、更に寿命を縮めてしまう危険性があります。
大切なフェレットに、十分な治療を受けさせるためにもペット保険を検討してみるのもいいかもしれませんね。

最近では、動物のペット保険というのは、かなり知名度が高くなっています。
生後間もなくして加入すると保険料が安く抑える事ができますので、万が一に備えて加入するのも良い判断だと言えます。

ただし、ある程度の年齢に達すると保険料がかなり高くなったり、加入を断られるケースもありますので、早めに検討するようにしましょう。

フェレットを飼ったばかりで、死期のことや寿命のことなんて全く考えられないなんて思わずに、確実に訪れる事実と向き合った飼育方法を事前に考える必要はあります。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top