menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットのフィラリア予防

地域によって蚊の生息状況は大きく違います。
夏の暑い時期だけに蚊が大量に発生する地域もありますが、沖縄など1年を通して気温が高い地域に関しては、1年中蚊の存在が確認されています。

蚊を媒体にして動物に寄生するものにフィラリアがあります。
フィラリアはフェレットの病気の代表的なもので、薬によって予防が出来るようになっています。

フィラリアってどんな病気?

犬の病気として有名なフィラリアは、フェレットにも感染します。
寄生虫のフィラリア原虫が、体内に寄生することで、様々な病気を引き起こすのですが、蚊を媒体にして感染が拡大します。

フィラリアに感染している犬の血を吸っている蚊が他の動物、フェレットの血を吸う際に感染するという状況です。
この寄生虫は、肺や心臓に寄生することで、呼吸器系の障害や血行不良、心不全といった重篤な病気を引き起こす原因になります。

体の小さなフェレットの場合、この寄生虫が1匹でも確認された場合には、死の危険があるといわれているのです。

フィラリアの予防方法

フェレットをフィラリアの感染から予防するためには、蚊の発生しているとおもわれる5月から11月の期間を目安に、月1回お薬を服用させます。

お薬を処方してもらうためには、最寄りの動物病院で血液検査をおこなわなければなりません。
血液検査では、体内にフィラリアが寄生していないかを確認し、万が一寄生している場合には、それに対応できる処置をしなければいけません。

フィラリアが体内にいる状態で、薬を服用すると薬によって原虫を駆除できるのですが、その場合毒を発生させますので、これによってフェレットがショック状態に陥る危険性が高くなるのです。

月1回のお薬で予防しよう

フィラリア予防のお薬は、比較的安価で処方してもらえます。
一度検査を行うと、その後は定められた期間、欠かさず与えることで蚊からフェレットの身を守る事ができるのです。

フィラリアのお薬を貰わず、蚊取り線香を利用し、蚊との接触を避けるようにしている飼い主や外出しないから大丈夫と安易に考えている飼い主も多いようですが、蚊はどこから侵入するか、全く予想できません。

また蚊取り線香だけでは100%蚊を除去することは難しいでしょう。
確実にフィラリアの寄生を予防するためには、かかりつけ医でお薬をもらうようにしてください。

フィラリア予防にかかる費用ですが、病院によって全く異なり、検査代に1000円以上、お薬代1回500円から1500円程度になることもあります。

1回づつ処方されるところもありますし、半年分まとめてという病院もあります。
また地域によっては、1年中フィラリアのお薬が必要なところもあったり、各種ワクチンや狂犬病の予防接種をうけていないとお薬が通常の4倍の価格で販売している病院など色々とあるようです。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top