menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットの風邪予防

犬や猫は、人間の風邪がうつることはありません。
また人間は猫や犬の風邪がうつることはありませんので、それほど気にすることはないのですが、フェレットの場合には、注意が必要です。

フェレットは人間の風邪をもらい、フェレットの風邪は人間にうつることもあります。
また飼い主の生活環境によっては、風邪を引きやすい傾向にありますので、十分に注意をしましょう。

フェレットの風邪感染対策

人間の生きている場所で風邪が流行したら、フェレットにうつさないように注意してください。
人間の風邪やインフルエンザは、くしゃみや咳などの飛沫感染でフェレットにうつることが考えられます。

外から持ち込んだこれらの菌をフェレットに感染させないためには、帰宅後は手洗い、うがいを徹底してください。
また服などにウイルスが付着している可能性もありますので、フェレットに触れる前には、着替えを済ませ、手を消毒したあとにするといいでしょう。

フェレットとキスをする方もいますが、風邪やインフルエンザウイルスをうつすだけでなく、フェレットにその他人間の持っている菌をうつし、大きな病気の原因になる事もありますので今すぐやめるようにしてください。

飛沫感染を防ぐために、うがいを心がけウイルスなどの殺菌をおこなってください。
風邪やインフルエンザウイルスは、乾燥している環境を好みますので、できるだけ室内の湿度を上げるのもオススメです。

季節によって部屋を締め切っているところもありますが、ウイルス菌を蔓延させないためにも時々室内の空気を新鮮なものへ入れ替えるなど換気をよくするようにこころがけてください。

人間の風邪やインフルエンザなどのウイルスをフェレットの小さな体にうつしてしまうと、体力が持たず、死に至る事もありますので、まずは飼い主が風邪をひかないように健康管理に十分に注意をしなければなりません。

外出時には、マスクをし、帰宅後は風邪予防対策を整えるなどの対策が必要です。
また体力のある食事を摂取し、睡眠を十分にとって健康的な日常を送ることが重要です。

フェレットが風邪をひいてしまったら

いろいろな風邪、インフルエンザ対策をしても、フェレットが風邪を引いてしまうこともあります。
鼻水や咳、くしゃみといった症状があり、次第に鼻がつまりますので、口をあけて呼吸をするようになります。

症状がひどくなると食欲が減退し、下痢や嘔吐、消化器系の疾患を発症します。
若いフェレットの場合には、温度や湿度の管理を徹底し、栄養のある食事やドリンクを与えることで徐々に体力が回復し、自然と風邪の症状を克服できるでしょう。

しかし、高齢の場合や赤ちゃんフェレットの場合には、ひどくなる可能性もありますので、すぐにかかりつけの獣医を受診するようにしてください。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top