menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットの健康管理

大切な家族の一員でもあるフェレットとできるだけ長く生活をするためにも、食生活や手入れなどに注意をしなければなりません。
フェレットの寿命は5年から8年程度だと言われていますが、飼い主の健康管理次第では、10年以上長く、健康に過ごしているフェレットも少なくありません。

定期検診と予防接種の重要性

フェレットがいつまでも健康で生活できるためには、飼い主の日頃の対応が重要であるのは、当然です。
しかしそれだけでは、どうしても100%とはいえませんので、フェレットの健康管理をするための基礎作りを始めましょう。

ペットショップから譲り受けたフェレットは、まず健康診断を受ける必要があります。
一般的には、誕生から新しい飼い主に渡るまでの期間は、ショップが健康診断や予防接種などを対応します。

先天性の病気や疾患を持っている場合には、事前に飼い主に説明が行われるかそのようなフェレットは、販売の対象にならないことがあります。

しかし対応の悪いショップの場合には、定期検診や予防接種を受けさせていない事がありますので、フェレットを購入する場合には、これらの証明書の発行を求めるようにしましょう。

またこれまでにかかっていた病院を教えてもらうと継続して、同じ医師に診断してもらえるとおもいます。
新しい飼い主に渡ったフェレットは、外的な要因からフェレットの大切な命を守るために必要なワクチンなどの予防接種は、年1回受ける必要があります。

フェレットが年1回受ける予防接種は、ウイルスの感染を防ぐために必要となりますので、特に犬などを一緒に飼っている場合には、それぞれの予防接種を忘れないようにしてください。

また定期的に健診を受けることで、隠れている病気やケガを早期発見し、症状の軽い段階で処置が受けられますので、大事に至る心配もありませんよね。

定期健診では、耳ダニの健診や予防、歯のケアや爪のカット、耳掃除なども行なってくれる動物病院もあります。
年1回フェレットの体重を測定したり、その他基本的な健診をすることで、食事の与え方やボディケア、運動量などの対応がよく分かるようになります。

見た目には分からないフェレットの老い

いつまでも小さく愛くるしい表情をしているフェレットですが、飼い主の目に見えない部分で確実に成長し続けています。
体重はそれほど変わらず、人間のように顔つきが劇的に変化するというわけではありませんが、確実に老化しているのです。

生後間もない頃からずっと同じように活溌に動き回っているフェレットですが、その時期にあわせてた対応をしなければいけません。

定期健診などを受診していると、数値によって体調が確認できます。
その為漠然とではなく、いろいろな事がはっきりと理解出来るようになりますので、今後の飼育にもかなり良い影響を与えると思います。

骨や筋肉の老化が目で見てわかったり、内蔵や血液の検査によってエサの栄養の偏りや足りない栄養素の状況などが分かりますので、食事の与え方、運動のさせ方などに注意を払う事ができるでしょう。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top