menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

初めて家に迎えた日

いよいよ待望のフェレットを家に迎える日というのは、とても緊張しますよね。
フェレットにとっては、新たな住まいとなりますので、初日はとても重要です。

自分のこれから生活する場所がどんなところなのか、居心地はいいのか、など多くの不安と恐怖心で身構えていると思います。
好奇心旺盛なフェレットですが、全く知らない場所に自分の意思とは反して連れてこられるのですから、それなりに接しなければなりません。

初めての日はとにかく安心してもらう

フェレットを家に迎えた初日は、とにかく、ゆっくりと休ませて上げましょう。
ケージに入れたら、そっと様子を見守り、環境に慣れてもらうことが重要です。

トイレの位置や飲み水の場所、フードやハンモックなど何もかもが見たこともないもので、匂いも全く違う環境に戸惑っていると思います。

そんな時に驚かせたり、無理に抱っこしたりするとフェレットはこの場所を住環境として認めず、必要以上に凶暴性を表すと思います。

ケージに入れたらしばらく、そっと様子を見守り気持ちが落ち着き、環境になれるまでそっとしてあげる事です。

フェレットが気に入るような空間をつくろう

フェレットにとって、初めての場所というのは、飼い主では到底理解できないものかもしれません。
興奮状態が収まらず、ケージのなかで暴れてしまわないように、フェレットが興味を抱くようなおもちゃやおやつを準備してあげるようにしましょう。

フェレットが好きなおもちゃやトンネルなどの遊具は、ショップに販売されていますので、フェレットを迎える前に準備しておくといいでしょう。

ただし、環境に慣れるまでは、長時間フェレットに構うと、逆にストレスに感じる事がありますので、短めの時間で終えて、ゆっくりと休ませてあげるように心がけてください。

大きな物音を立てないように注意しよう

時間をかけると徐々に環境にも慣れてくると思います。
ただ、数日間は心から安心しているとは言い切れませんので、しばらくは飼い主がいろいろと注意をしなければなりません。

例えば、これまでと同じようにテレビの音や音楽を大音量にしないこと、足音をドンドンと響かせないこと、突然大きな音を立てててフェレットをびっくりさせないように注意をしましょう。

あまりにも静かにしすぎると逆に人間の生活に馴染めなくなりますので、突然の大きな音などには、特に注意をしながら生活をするようにしてください。

フェレットは、時間をかけて、徐々に飼い主の匂いや声、日常の何気ない音や空間に慣れてきます。
それまでは飼い主は、フェレットに優しく接し、1日でも早く住環境に慣れてくるように配慮しましょう。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top