menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

熱中症対策

フェレットが夏の暑い時期にとても弱い動物だということは、飼い主にとっては耳にタコができるほと注意されている事だと思います。

その為フェレットが生活する場所は、涼しいところへ移動したり、日中エアコンを稼働させ、室内の温度調整に気を使うなどの対策をすでにとっていることでしょう。

しかし万が一フェレットの体調に異変を感じた場合には、対応できる応急処置の方法を覚えておくといいでしょう。
その後速やかに近くの動物病院を受診してください。

すぐにできる熱中症の応急処置

暑い中に放置されたフェレットは、徐々に体温が上昇し、呼吸が荒くハアハアとあえぐような声を出します。
次第に全身の力が抜け、意識を失う事があります。

その場合、暑い環境から涼しい場所に移動し、とにかく体温を下げるようにしましょう。
冷水に体ごとつけたりする方がいますが、そんなことをしては絶対にいけません。

心臓に負担をかけてしまいますので、氷水に浸したタオルを軽く絞り、フェレットの体全体を包み込むようにしましょう。
ゆっくりと体温が下がるように繰り返し、タオルで包みながら呼吸を落ち着かせるようにしてください。

急激に体温を下げようとすると他の病気を引き起こす危険性もありますので、徐々に行うようにしてください。
呼吸が落ち着き、体力が回復してきたら、お水を与えるといいでしょう。

無理に与える必要はありませんが、フェレットが欲している場合には、少量ずつ与えるようにしてください。
吸収性のよい電解質のドリンクなどを利用するのもいいかもしれませんね。

その後体力が回復したからといってそのままにせず、必ず獣医によって適切な処置を受けるようにしましょう。

急激な環境変化にも注意をしよう

フェレットは急激な温度変化に対応できない事があります。
涼しい場所から熱い場所に移動した場合、内臓系に大きな負担をかけることになりますので、中には血便や粘液便、脱水症状などを伴う事があります。

これらの治療には、十分な水分補給と腸内の粘膜を保護する薬などを与えることで徐々に改善できます。
しかし熱中症は、時に感染症の症状とよく似た場合がありますので、自己判断はおこなわないようにしてください。

夏場に準備するもの

夏の暑い季節は、フェレットにとってどのような危険があるかわかりませんので、特に車でフェレットと一緒に移動する時間が多い場合や、フェレットだけで自宅に留守をさせる場合には注意をする必要があります。

万が一の場合に備えて、夏の暑い季節を快適に過ごせるグッズを揃えてみるのはどうでしょうか。
例えば、脱水症状を一時的に改善できるビタミン入の飲み物や補助的な栄養剤などは、ショップでも販売されており、夏バテ気味のフェレットに効果的です。

その他にも通気性の良い素材で作られているハンモックやひんやり効果のあるクーラーマットなども大変お勧めですよ。
ケージの下にすのこを敷いてあげるだけで湿度対策ができますので、いつでも快適に過ごせると考えられます。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top