menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

ゲージの必要性

フェレットを飼うには、ケージは欠かせない飼育用品であると言われています。
その理由はフェレットの習性にあります。

室内で飼うからケージは必要ないと感じている方もいるようですが、フェレットには、狭い場所に潜り込ムという性質があります。
その為、人間の生活しているスペースは、フェレットにとってはとても危険なのです。

またいくら可愛いフェレットとは言え、人間の生活とごちゃまぜにすると衛生的にも問題が生じてきます。
その為フェレット飼うためには、ケージは必需品なのです。

いろいろなケージの種類

ケージといっても様々な種類があります。
フェレット専用のケージは、フェレットの体質や習性に対応したものとなっていますので、とてもお勧めです。
ただ水槽ケージやメッシュケージといった種類がありますが、水槽ケージは、通気性が悪く、夏場の暑い時期には、高温多湿になる危険性もありますので、メッシュケージを使用するのがいいでしょう。

フェレット専用のケージは、ケージの隙間がとても小さく、フェレットが脱走しづらい作りになっています。
他のケージを適応する場合には、フェレットの頭部が抜け出せないようなサイズを用意してください。

フレットが通り抜けられる大きさは、5センチ程度で、頭蓋骨の大きさとなりますので、それ以上大きいものは、使用できません。

ケージ内の環境

ケージは、2階建てや3階建てのものが一般的で、運動量の高いフェレットがケージないでストレスを感じないように様々な工夫をこらしましょう。

例えば、2階もしくは3階部分には、ハンモックを吊り下げて、ゆらゆらと楽しく揺られて眠れるベットを作りましょう。
その他、細い隙間に入るフェレットの遊び道具のトンネルを作って上げましょう。

床面は、フェレットが活溌に動いても安心出来るように、カーペットなどを敷くのもいいかもしれません。
ケージ内の温度環境は、およそ17度から23度前後だと言われていますので、季節ごとにエアコンなどを活用し温度調整を行うようにしえください。

ちなみにフェレットに適している湿度は、40%から65%と言われています。
それ以上になったりそれ以下になると乾燥や皮膚疾患、呼吸器系の病気を患う事がありますので、注意が必要です。

ケージの設置場所

ケージを置く場所は、できれば適度に光が入る場所を見つけてください。
風が通りやすく、適度な照射は、フェレットの毛並みを良くしてくれますので、ケージを置くためには、最適な環境です。

その他家電の近くや直射日光があたるような場所は絶対に避けてください。
温度の変化に弱いフェレットが太陽をガンガンにあび、家電の近くにセットされることで、温度が高くなりますので注意しなければなりません。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top