menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットの医療費と保険の実態

フェレットを飼育するにあたって、最も注意すべき点は健康管理です。
日々食事やケアに注意をしなければ、病気やケガといった状況に面し、命の危険にさらされる事もあります。

フェレットが長く健康に過ごせるためには、飼い主がいかに適切な飼育ができるかという点にかかっているのですが、それでも病気になってしまう可能性はゼロではありません。

自由診療のペット保険

ペットの医療費というのは、人間の医療費とは違い、かなり高額になります。
公的保険の適用がないため、自由診療になっていますので、1回1回にかかる費用はとても高く、病院での診療を躊躇している飼い主も少なくありません。

さらに動物医療もまた高度化がすすみ、治療に関する費用は、年々高くなっているのも現状です。
ただその分フェレットなどの小動物の寿命もこれまで以上に長くなっているのも事実なので、医療の充実というのは、どうしても必要となります。

ペット医療の実態

飼っているフェレットの体調が悪くなった場合には、自己判断などせず、早急に専門医に診療してもらうのが適切な方法なのですが、例えば、1回の診療にかかる費用が1000円から2000円程度、診察費が数千円、レントゲンなどを必要とする場合には、1箇所4000円から5,000円する場合もあり、骨折などの手術をすると約2万から3万程度の医療費がかかってしまいます。

フェレットを家族の一員として迎え入れた当時から、医療費として、貯金などをしている場合には、それほど出費に困惑する事もありませんが、殆どの場合は、それに対応していないようです。

一度に数万円の費用がかかることもありますが、だからといって辛い思いをしているフェレットを放置することは飼い主として失格以前の問題になりますよね。

ペット保険のあり方

以前は、無許可共済という業種がペット保険を取り扱っている事が多かったのですが、保険金の支払に関するトラブルが相次いだことから2008年の保険業法改正により、これまで以上に安心して保険を利用できます。

生後間もないフェレットの場合は、月数百円から加入できるような保険も誕生していますので、万が一の備えに検討してみるのはどうでしょうか。

いざという時に目の前の大切な命を自分の経済的な理由から、みすみす危険に晒してしまう結果になると後悔してもしきれないとおもいますよ。

インターネット加入は割引率が高い

フェレットの万が一の場合に、安心して対応できるように、ペット保険を今後検討するという方は、インターネットからの申し込みを行うと良いでしょう。

書面での申し込みにくらべると保険加入料金がかなりお得になっている事が多く、手続きもとっても簡単にできるようになっています。

フェレットに適している保険を口コミランキングなどを参考に検討してみるといいでしょう。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top