menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットのエサ

フェレットがまだまだペットとして人気がなかった時代には、フェレット用のフードもそれほど多くはなかったようです。
その為キャットフード、いわゆる猫用のフードとして開発されている物をフェレットに与えていることが多かったようです。

しかし近年のペットブームの影響を受け、フェレットのもペットとして人気が高くなっていますので、フェレットに関するフードの種類もとても多くなっています。

以前に比べると安全性に優れ、栄養価の高いフェレットフードも種類が豊富に販売されています。
ただし、数が多いゆえに今度は、フェレットの飼い主は、そのうちのどのフードがいいのかの選択に頭を抱えていると言われています。

高いフードだから良い、安いフードだから悪いというものではありませんが、フード被害はとても多いですから、フェレットによって本当にいいものを見極められるようにしてください。

フェレットはどんな餌を食べるのか

フェレットはとても鋭い歯を持っている肉食系の動物です。
自然界においては、うさぎや鳥、ネズミなどの小動物を捕食にして生活しているフェレットですから、肉食主体のフードを好みます。

可愛らしい顔つきをしているフェレットですが、自然界では、ウサギなどを捕獲し、体、骨、内蔵、毛など全部をペロリを食べて生き延びています。

フェレットの食生活のサイクル

フェレットのように肉食の動物は、草食動物を比べると腸が短くなっています。
短いということは、消化吸収が良い状態にある食べ物が適しているという事がわかります。

フェレットの場合、3時間から4時間では、食べたものを便として排出します。
消化時間などを調べたい場合には、色の違う種類のフードを与えてみると、汚物の色が違いますので、詳しく調べる事ができるでしょう。

フェレットは、与えられた食事を一気に食べるのでなく、何回か回数を分けて接種します。
必要以上は食べませんので、1日の量を把握しやすいと思います。

フェレットの栄養について

繊維質を消化する機能が弱いフェレットに、これらの食事は、不向きと言えます。
繊維質の多いエサというのは、タンパク質と結合し、胃の中での吸収を防ぎ、排泄します。

フェレットには、できるだけ良質の動物性のタンパク質を与えるようにしましょう。

食事に関する注意事項

フェレットは、自分に必要でないものも好んで食べることがあります。
それをいいことに飼い主が安易にいろいろな物を与えてしまうことで、病気になる危険性もあります。

例えば、野菜類や果物、スナック菓子などなど色々な食べ物がありますが、ついつい与えてはいけません。
人間の食事は、高カロリー、高塩分となりますので、糖尿病などの危険性が高くなります。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top