menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フードの成分について

フェレットフードは、犬や猫の食事と比べるとやや高めに配合されています。
たんぱく質が体質に適しているフェレットのフードには、高タンパク質、高カロリーのものが多く、栄養価が非常に高い傾向にあります。

しかしフェレットに与える栄養素の基準値が正常だからといってもそれが良いフードであるとは、言い切れません。
なぜならば、タンパク質が配合されているとはいえ、植物性のものを使用しているとフェレットの体質に合っていない事がほとんどです。

フェレットには、動物性のタンパク質を脂肪を必要としますが、フードの中には、植物性を利用し、タンパク質と脂肪分として表記しているものもありますので、注意をしなければなりません。

フードの成分表記を確認してみよう

フェレットフードを購入する場合、何が配合され、どのような物を使用しているのか確認する飼い主も多いとおもいます。
その場合、タンパク質量と脂肪分の量を真っ先に調べるとおもいますが、ただ、タンパク質と脂肪分が多いからと言って安心してはいけません。

肉食動物のフェレットにとって、植物性の脂肪やタンパク質は、不向きで、健康を維持することは難しくなります。
その他にも動物性のものを使用しているにもかかわらず、あまりにも安価で販売されている場合にも注意をしましょう。

フェレットに必要な栄養分のパーセンテージをあげるために、動物性のタンパク質や脂肪分をあらゆる箇所から取り込んでいる場合があります。

業者によってコストを下げるためにと、動物の口や足、疾患のある動物の内蔵などなど本来使用できない部位も全て使用していると考えられます。

これらの粗悪なフードを使用することで、健康を維持できることはおろか、病気になってしまうケースもあります。
フェレットフードを選択する場合には、原材料の一番目に記入されている項目が獣肉になっているかどうかを調べてみるといいでしょう。

フェレットフードの予算の考え方

フェレットの食事にいくらの費用をかけていますか?
できるだけ安く費用を抑えたいと考えるのはしょうがないと思いますが、一度自分に置き換えて考えてみるといいでしょう。

例えばサラリーマンのお父さんがお昼のお弁当を節約して300円から500円で1ヶ月使用したとしましょう。
するとそれにかかる費用は、1万円から1万5千円になりますよね。

フェレットフードにあなたは一体いくらかけていますか?
これを考えるとどれだけ粗悪なフードを与えているのかが分かると思います。

1日にたったの300円程度のお弁当を与えたと考えてもフェレットに対するフードはそれ以下の金額になってはいないでしょうか。
もう少しだけ良い食事を与えてもいいのかもしれませんよね。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top