menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットフードは 高カロリー

一般的にペットフードは、人間が口にするものに比べて味が薄く作られています。
ペットフードを口にした事がある方は、ご存知だと思いますが、全く味を感じることがないので、不味いと感じる事もあるでしょう。

しかし中には、フェレットの食いつきがよくなるようにと、糖分や塩分を強くし、人間が食べても美味しいと感じられるような濃い味付けのペットフードもあります。

フェレットは、甘いものを好む性質にありますので、糖分が多めに味付けられている製品もありますが、これらの商品は、売上だけに気が注がれていますので、決してフェレットの健康管理には、良いと言い切れません。

美味しいフェレットフード

人間が食べても美味しいと感じられるフードの場合、糖分や塩分が多めに使用されているのがわかります。
糖分の過剰摂取はビタミンやミネラルが体内に取り込まれるのを妨げたり、効果を減少させることがあります。

糖分を必要以上に摂取すると肥満以外にも神経過敏症候群や糖尿病などの病気を引き起こします。
塩分が多いフードの場合は、心臓や循環器系の疾患が多くなり、人間同様に様々な機能に害を及ぼします。

通常健康的なフェレットの場合には、1日の摂取量が0.25以下程度と言われていますので、これ以上の摂取は確実に体調に異変をきたします。

高タンパク、高カロリーのフェレットフード

犬や猫のドライフードに比べ、フェレットのエサは、高タンパク、高カロリーになります。
ただだからといって良いフードではありません。

なぜなら肉食系のフェレットにとって、植物背のタンパク質や脂肪が使用されている場合には、全くと言っていいほど適していないからです。

コストを削減するために、植物性のタンパク質や脂肪を混合している輩もいますが、全体のパーセンテージ自体は基準値を満たしているように勘違いしてしまうでしょう。

高タンパク、高カロリーのフェレットフードを確認する場合には、フードに記されている詳しい食材の明記を確認するようにしましょう。

年齢にあわせたフェレットフードを使用しよう

フェレットはその年令に応じて、必要とする栄養量に違いがあります。
その為生後から成長期、高齢期とそれぞれの年齢に応じたフードを利用しなければなりません。

成長期には、いろいろな機能を形成するために多くの栄養素を必要としますので、できるだけ高品質のフードを取り入れるようにしてください。

またメスやオスのフェレットによっても若干必要とされる栄養素に違いがあったり、内臓機能が低下している高齢期のフードの硬さに違いある場合もありますので、適用しているフードを利用しましょう。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top