menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

歯の健康管理

鋭い歯を持っているフェレットといえど、食生活次第では、確実に虫歯になることがあります。
フェレットが自ら歯を綺麗にしてくれるのであれば、特に心配もありませんが、そういうことは一切ありませんので、飼い主がフェレットの歯の健康を管理しなければなりません。

虫歯になりやすい生活環境

フェレットの吐く息が臭かったり、歯の表面に歯垢がびっしりとつきはじめたら、虫歯になる可能性が非常に高くなっています。
特に高齢期にさしかかっているフェレットは、若いフェレットに比べて歯の健康状態が良くない場合がありますので、手遅れにならいないように日頃から予防する必要があります。

生涯で虫歯になってしまうフェレットと全く虫歯にならないフェレットでは、一体何が違うのかわかりますか。
飼い主の与えるエサによって歯の健康状態が大きく左右されます。

生後間もないフェレットは、柔らかいフードを好みます。
消化機能が完全に成熟していませんので、柔らかいフードを与えることは間違っていません。

ただ大人になったフェレットにも柔らかいフードや半生のフードばかりを与えていると、丈夫な歯を育てることはできません。
しかも歯の表面についている歯垢は、硬いフードを食べる事によって取り除かれます。

柔らかいフードばかりを与えていると次第に歯垢の量が多くなり、虫歯や歯槽膿漏などの原因菌を作ってしまうのです。
その他にも人間の食べているフードばかりを与えていると、糖分が多く、歯のエナメル質を溶かす事になります。

歯だけでなく、健康状態も悪くなりますので、人間と同じような食事は絶対に避ける必要があります。

歯磨きをしてあげよう

フェレットの歯の健康を維持するために、定期的に歯を綺麗に掃除しなければなりません。
人間のように歯磨きをするのは大変むずかしいと思いますので、簡単に汚れを取り除くだけでも効果があります。

指に布を巻き付け、フェレットの歯の表面を軽くゴシゴシとこするだけでも全く問題有りません。
小さい頃から歯の掃除癖をつけていると、フェレットは、歯を触られる事に特に嫌がる素振りもみせませんので、小さいうちから慣れさせるようにしましょう。

歯垢のつき具合がひどい場合や臭いが強くなってきたら、動物病院で、歯垢を除去してもらうといいでしょう。
ただし、病院によっては、フェレットの歯垢取りに対応していないところもありますので、事前に確認するようにしてください。

また凶暴性の高いフェレットや歯を触られる事になれていない場合には、麻酔や鎮静剤などを使用する事も考えられますので、他の病気を持っているフェレットや体調の悪い場合には、避けるようにしてください。

歯が折れてしまった

赤ちゃんフェレットの場合、過って歯が折れる事があります。
乳歯の場合、神経を損傷していないのであれば、問題なく、次の歯が生えてきます。

しかし大人のフェレットの永久歯は、一度抜け落ちたり折れてしまうと次に生えることはありません。
神経を傷つけたり、虫歯によって炎症を引き起こしている場合には、手術によって処置をしなければなりません。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top