menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

快適なゲージ選ぶ

フェレットを飼育するにあたって絶対に欠かせないのがケージです。
現在販売されているケージには、いろいろな種類がありますが、フェレットの大きさによっても選ぶケージの大きさが異なります。

その他にもケージを作っている素材や中の構造が違うものもあります。
フェレットにとってストレスのないものを選ぶことが一番良いケージの選ぶ方なのですが、精度が高くなるにつれて価格も高くなりますので、予算に合わせて購入できるようにしてください。

置き場所を決めよう

ケージを購入する前に、ケージを室内のどの場所に設置するかを決める必要があります。
意外と場所を取りますので、事前に場所を決めなければ、購入後とても困ってしまいます。

フェレットの体質のことを考えて、気温が高くなる場所やエアコンの風が直撃する場所は避けるようにしてください。
また1日中寝ていることが多いフェレットのことを考えて、騒々しい場所に設置することもよくありません。

できるだけ静かな環境で、適度に涼しく、安心して日を過ごせる場所を見つけるようにしましょう。
匂いなどがこもらないように風通しの良い場所もいいですよね。

ケージ内の開け閉めがしやすい場所を見つけることで、フードや飲み水の管理もとてもしやすくなります。

ケージを選ぼう

理想的なケージの大きさは、幅が70センチから80センチ、奥行きと高さに60センチ以上はあったほうが良いと言われています。
体の大きさによって違いますので、あくまでも参考程度にするといいでしょう。

このサイズよりも小さいケージを選択した場合には、別の場所で運動できるスペースを確保しなければなりません。
1日の間に留守にすることが多い飼い主の場合には、フェレットがケージ内で自由に動き回れるスペースを作ってあげるようにしてください。

フェレットは、二本の足で立つことがありますので、頭がぶつからない程度の高さが必要です。
ケージ内には、ハンモックやフード皿、トイレや給水ボトル、ちょっとした遊具を設置することがありますので、これらの用具が入れるスペースを確保しましょう。

2階建てや3階建ての構造になっているケージは、とても快適で、階段を登ったり降りたりするフェレットには、大変お勧めです。
中に遊具が多めに設置されていると、ストレスを感じることもないでしょう。

時々水槽などのを利用してフェレットを飼う方もいますが、とにかく風通しが悪く、湿度を溜め込みやすいですから、病気を発症
室内での放牧が難しい場合にはケージの大きさには、特に気を使い、ストレスを感じないようなゆとりのスペースを確保するようにしてください。

多頭飼いの場合

複数のフェレットを飼う場合には、ケージを全く別にする場合と一緒のケージで生活させる事がありますが、フェレット同士の関係がよくなったら一緒のケージで飼うのがいいでしょう。

その場合も2匹分の体がおもいっきり動かせるように大きめのケージを準備しなければなりません。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top