menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

CATEGORY病気と対策

抜け毛でわかる病気

フェレットの毛の状態をよく観察しているとひと目で様々な症状が確認できるようになります。 例えば、フェレットの皮膚が乾燥し、ハリを失っている場合には、脱水症状を引き起こしている危険性があります。 その他にも被毛が脂っぽくなっていたり、下毛が黄…

泌尿器系の症状

メスのフェレットを飼っている場合には、泌尿器系の症状に注意をするようにしましょう。 不妊手術の失敗 春先になると発情という生理的現象が発生します。 不妊手術を済ませているから大丈夫と安心している飼い主もいますが、ただ不妊手術を終えているフェ…

フェレットの病院

フェレットは、ここ最近人気が高くなっているペットの一つで、犬や猫ほど主流ではありません。 その為フェレットに関連するグッズなどに関しては、未だ完全に取り揃えていないショップもあります。 地方によっては、フェレットの購入が難しい場所もあります…

耳に関する病気

小さい頃に耳やくち、足や肛門などいろいろな場所に触れるようフェレットとのコミュニケーションを図るようにしてください。 フェレットの爪を切ったり、歯を綺麗にしたり、肛門を掃除したりするときにフェレットの体に触れる必要がありますので、遊びの中で…

排尿困難

近年のペットブームを受けて犬や猫以外にも爬虫類や小動物、ハムスターやフェレットなどのを飼う人もとても多くなっています。 特にフェレットは体のサイズが小さく、非常以上に吠えたり鳴いたりしないことからマンションやアパートなどの集合住宅でも気軽に…

おしっこをしなくなった

フェレットの健康を確認し、病気やケガを早期発見、早期治療を行うためには、便や尿の確認をすることもオススメですが、排尿、排便時の行動もチェックするといいでしょう。 オシッコが出にくい フェレットは、お水をたくさん飲みますので、その分オシッコも…

下痢や嘔吐

下痢をする原因は、フェレットの体質や生活環境、食事などによって様々です。 軽度の症状から重篤な病気のサインである可能性もあリますので、安易に判断しないようにしましょう。 生後間もないベビーフェレットの下痢 生後まもない赤ちゃんフェレットの場…

フェレットの健康管理

大切な家族の一員でもあるフェレットとできるだけ長く生活をするためにも、食生活や手入れなどに注意をしなければなりません。 フェレットの寿命は5年から8年程度だと言われていますが、飼い主の健康管理次第では、10年以上長く、健康に過ごしているフェ…

抗生物質とステロイド

様々な治療に使用されている抗生物質ですが、動物によっては、抗生剤に強い副作用の症状を引き起こす事があります。 その為飼い主の中には、できるだけ抗生物質のよる使用を控える方もいるようですが、その点フェレットは、抗生物質に対する副作用はさほどな…

ジステンパーワクチン

ペットを飼うにあたって、必ず必要とされている各種予防接種やワクチンがあります。 フェレットやペットとして飼っている動物の命を守るために接種するはずのワクチンに関しては、実は賛否両論なのです。 どの意見が正しいのかは、本当のところよくわかりま…

さらに記事を表示する
Top