menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

信頼できる獣医さんの見分け方を教えて

飼い主が色々と注意をしていても、フェレットがケガをしたり、病気になることは絶対にあります。
そのような場合、すぐに適切な処置をしてくれる病院がなければいけません。

インターネットでよく見かけることにフェレットを専門的に診察できる獣医が少ないという掲示板やコメントです。
フェレットは、ここ数年で人気になっているペットであるため、犬や猫に比べると確かに専門にしている獣医は少ないといった状況です。

その為犬や猫を専門としている獣医がその知識をフェレットに応用し診察をおこなっている事がほとんどだということです。
飼い主にしてみれば、なんたることと目を丸くするかもしれませんが、それでも十分安全に対応できるということは確かなのです。

しかし獣医のその知識や技術力をどのようにフェレットに応用するのか判断することは、非常に難しいでしょう。
単なる知識と技術力だけでは、太刀打ち出来ない状況もあると思いますので、経験が豊富なことも優れた獣医を見つける為の条件といえます。

信頼されるような姿勢をもとう

信頼できる獣医を見つけるためには、まず飼い主である人間が医師にどのように接するかという事です。
飼い主がぶっきらぼうな対応をとったり、フェレットに関する情報をあまり提供しない場合、医師はどのように診察していいのか全く方向性が分からなくなります。

動物は口がきけませんので、飼い主の情報を元に医師は診察を行うのです。
先ずは飼い主が日頃からフェレットの健康をしっかりと管理し、それを医師に伝えるという姿勢が良い関係を作るきっかけになるでしょう。

真剣な飼い主に対しては、医師もしっかりと応えてくれると考えます。

信頼できる医師とは

信頼できる医師を教えてという質問が多いように感じますが、どのような獣医であれ、動物のことを真剣に考えていることは間違いありません。

その為に彼らは、いろいろな勉強をし、資格を習得しているのですから、本来すべての獣医を信頼しても問題は無いのです。
しかし医療のことを全く知らない飼い主に対し、説明が曖昧だったり、わかりづらい内容の場合には、医師に対して良い印象を受けないでしょう。

また飼い主の質問に全く応えてくれない、勝手に治療方針を決めて進めるといった獣医に対しても嫌悪感だけが先行してしまいま
す。

どんなに優れている医師であってもこのような態度を取られてしまうと、信頼どころか疑惑だけが残ってしまいますよね。
大切なフェレットの命を安心して預けることは絶対にできないと思います。

獣医の中にもどうしてもぶっきらぼうな態度をとってしまう人や、説明不足になってしまう方もいます。
不安の中で治療を続けてもらうことは、飼い主にとっては心休まることは無いと思います。

フェレットに対して紳士な対応をとっているところを見つけ、医師とのコニュニケーションが深くとれるような場所を見つけることが重要だと考えます。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top