menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

一人暮らしでフェレットを飼うには

一人暮らしをしている方に人気の動物にフェレットがあげられます。
人気の理由はいくつもありますが、一人暮らしの生活に癒しを与えてくれる存在であることは間違いないでしょう。

一人暮らしに人気のフェレットの秘密

フェレットが一人暮らしに適していると言われている理由にまず鳴き声が小さい、鳴かないという理由があります。
犬に比べて大きな声で鳴く事がありませんので、隣の方に迷惑がかからないといったメリットがあげられています。

その他にもサイズが小さく、飼育をするスペースを取らないといった理由もあるようです。
メスのフェレットは、小さいもので体長30㌢の子もいますので、規模の小さなアパートやマションで生活をしている方も無理なく飼う事ができます。

また犬ほどの服従心はないものの、子猫程度のじゃれあいができるのがフェレットの人気の秘訣なのです。
飼い主に慣れくると、おやつが欲しい時などには、足や手に顔をスリスリとすり寄せるような行動は、本当に癒される瞬間と言われています。

室内が広い場合には、ケージから出して上げることも可能で、家中を駆けまわって楽しそうに遊ぶ姿を見ているだけで仕事や人間関係の疲れをとってくれる相棒になります。

一人暮らしに適している最大のメリット

フェレットが一人暮らしの方に適している最も大きなメリットに、睡眠時間の長さがあります。
犬や猫の場合にも1日の半分を寝て過ごすと言われていますが、犬などの場合には、頻繁に目を覚まし、少しの物音にすぐ吠えるなどの習性があります。

その為長時間留守番をさせることは難しく、仕事の付き合いで帰宅が遅くなった場合には、ご近所に迷惑を与えてしまったり、部屋中を荒らされるなどの問題があります。

しかしフェレットの場合には、1日のうち20時間を睡眠時間に充てます。
その為朝仕事に出勤した場合でも、夜遅くても8時までに帰宅すると特に問題がないのです。

ただし留守にする間の住環境の管理は徹底する必要はあります。
温度調整やお水やフードなどをちゃんと準備した上で、家をあけるようにしましょう。

また散歩も大好きなフェレットですが、犬のように毎日決まった時間に散歩に行く必要もなく、帰宅後にたっぷりと1時間程度遊んだり、かまってあげることで、満足するとも言われています。

一人暮らしで飼うデメリット

一人暮らしに適しているフェレットですが、時には、急病になり、すぐに病院へ連れて行かなければならない時もあります。
その場合、一人暮らしをしていると他の方にお願いすることは難しくなりますので、仕事を休んで対応しなければなりません。

当然のことですが、一人暮らしの生活にフェレットを迎えるという場合、これくらいのことは最低必要な条件となります。
一人でぼーっと毎日を過ごす生活に何か変化が欲しいという方が、フェレットを飼う傾向にあります。

フェレットを飼う前に、メリットやデメリットを理解し、実際に一人暮らしでフェレットを飼っている人の体験談などを参考にしてみるのもいいでしょう。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top