menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

購入する時のチェックポイント

近年は空前のペットブームだと言われ、フェレットに限らず、犬や猫、爬虫類や鳥など多くの動物が人間の生活に取り入れられ、
ともに日々を過ごしています。

以前は、雑種と言われた犬や猫が多かったのですが、今では、人間の手によって改良されているペットとしての動物が主流になっており、高額な取引が行われているのも事実です。

人間の玩具としての扱いもあるという厳しい意見もありますが、動物を飼うという事をもう一度考えた上で、フェレットなど家族の一員として迎えられる心構えが必要です。

動物を飼うということ

他の人も飼っているから自分も飼うという安易な気持ちで、フェレットを飼うことはできません。
フェレットやその他の動物は、人間の子供のような存在として迎えなければいけません。

当然の事のように思いますが、残念ながら、動物を飼うということを真剣に考えていない人がとても多いのです。
可愛いから、一人の生活が寂しいから、流行りだからという気持ちだけでフェレットを飼いたいと思っている人は、絶対に飼うべき人ではありません。

フェレットを飼うということは、生活のリズムがこれまでとは全く異なります。
もしかするとフェレットの為に仕事を休まなければならない状況にも遭遇するでしょう。

更に餌代や飼育用品代、トイレ用品や病院代などいろいろな費用もかかります。
飼い主の体調が悪い場合でも、フェレットにとっては全く関係のないことなのです。

動物を飼うということがどのようなものなのか、自分の気持ち、家族の心構えがどうなっているのかをもう一度考えてみる必要があります。

フェレットを飼う為の条件

フェレットは他の動物と違った習性や体質がありますので、それらの事に理解をしめし、受け入れる事ができるのかを家族全員で確認してみるといいでしょう。

一人暮らしの方の場合は、隣の方にご迷惑にならないような飼い方ができるのか、留守中の住環境についてしっかりと管理できる体制にあるのかを検討してみましょう。

購入代から病院代、その他生活に関わる費用を捻出できる経済状況にあるでしょうか。
特にペットの病院代は、保険が効かないため、1回1回の受診にかかる費用は高くなります。

万が一の場合、病院代が出せるように貯蓄をしたり、動物保険に加入する事ができるのかをじっくりと考えて見るようにしてください。

フェレットの生涯をずっと支える必要がありますので、健康な方でなければ途中で手放すといった悲しい状況に追いやられてしまいます。

フェレットも飼い主も悲しく辛い思いをしないためにも、人間である飼い主自体の健康が基本となります。
その他にもフェレットを飼う前に行うことはたくさんあります。

自分自信がフェレットの飼い主として適しているのかどうかを時間をかけて検討し、万全の体制で家族の一員として迎えられるようにしてください。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top