menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットの洋服

近年動物に服を着せる事に肯定的な動物関係者も多くなっています。
そのためか、フェレットや犬、猫、ハムスターなどペットとして飼っている動物の服は、年々種類をまし、当たり前のようになっています。

フェレットなど動物に服を着せるというのは賛否両論ありますが、時と場合によって考えなければならないことなのではないでしょうか。

飼育用品としてあたりまえのように販売されている動物用の衣類が本当に良い物なのか判断した上で利用するようにしてください。
 

フェレットなど動物衣類の必要性

動物に服を着せて、お散歩をしている方がとても多く、今ではそれほど珍しい光景ではありません。
中には、体毛を縛り付け、アクセサリーをつけたり、毛を染めるなどのお洒落をしている飼い主も多くなっています。

衣類を着せている飼い主の意見としては、外出時など外からの菌の感染やダニなどの虫から予防するために着せているという方もいます。

また直射日光をさけたり、寒さから身を守るためにという考え方もあるようですね。
室内で衣類を着せている場合には、抜け毛を予防するといった意見も多いように思われます。

医師やドックトレーナーの中には、手術後の縫合している部分を過って傷つけないようにするためという考え方もあるようです。

フェレットなど動物衣類の否定性

フェレットやその他の動物に服をきせている人の殆どがファッションという考え方もあります。
服を着せておしゃれをさせるというのは、悪いことではありません。

寒さをしのいだりするために、必要な時もあるでしょう。
ただ、動物の皮膚というのは、体温を調整したり、感覚を敏感に感じる場所となりますので、衣類で閉じ込めてしまうと本来の機能を寝かす事になります。

皮膚や体温コントロールが上手にできなくなったり、ホルモンバランスや抵抗力の低下といった症状の引き金になる可能性も否定できません。

また飼い主の中には、洋服を1日中つけっぱなしにしている事もありますが、遊びの最中に衣類がものに引っかかり、大きな事故につながる危険性もゼロではありません。

アトピー性皮膚炎の方で、外的要因から守るために衣服を着せているという意見もありますが、本来アトピーは内面的な治療が必要となりますので、素人判断で服を着せてしまうのは、正しい措置を阻害することになると思います。

フェレットの立場と状況に応じて対応しよう

ペット・ショップでは、フェレットの用の服が飼育用品コーナーにたくさん販売されています。
専門家でもあるショップで取り扱いをしているのですから、すべてが悪いというわけではありません。

しかし服を着せるという行為を行う場合には、フェレットが今どうして欲しいのかよく考えて行うようにするのがベストな選択だといえます。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top