menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットの選び方

ベットを飼う場合に、最も注目することの一つにオスにするのかメスにするのかというものがあります。
どちらも可愛い事には、全く変わりありませんが、それぞれにメリットデメリットがあるのも事実です。
また飼い主との相性の問題もあります。

オスとメスの選び方

犬の場合オスを選ぶとマーキングの影響で、足をあげて排泄を行うことから室内犬として購入する場合、メスを好む方も多いようです。

フェレットの場合には、体型の違いが大きな特徴となり、オスのフェレットはメスに比べるとやや大柄な体型をしています。
体の大きなオスのフェレットは、性格はとてもマイペースでおっとりとした子が多く、メスは小さいながらも動きが活溌で臆病な性格の子が多いのが特徴となります。

ただしファームの状況によっては、それぞれの性格が異なりますので、オスとメスのそれぞれの魅力を確認した上で判断するようにしてください。

フェレットを初めて購入するという場合には、おっとりとした性格のオスの方が飼いやすいという方も多いようですね。

赤ちゃんフェレットか成熟した大人のフェレットか

各ファームから送られてくるフェレットは、生後1ヶ月から1ヶ月半の生後間もない小さな子たちで、すぐに親元から離されていますので、体もそうですが、性格もまだ成熟していないという特徴があります。

赤ちゃんフェレットは、とてもかわいく、生まれてすぐから飼う事ができますので、まるで自分の子供を育てているような感覚に陥る方もいるようです。

それほどまでに可愛らしい赤ちゃんフェレットですが、とにかく手がかかるのは避けられないでしょう。
エサの好みから、トイレのしつけ等などこれから人間の生活を一から教える必要がありますので、とにかくやることがたくさんあります。

生後2ヶ月くらいからは、ペットショップの方で、トイレなど最低限のしつけをしていますので、ある程度は人間の生活に馴染みやすい状況にあると思います。

ただ成熟している大人のフェレットの場合には、それなりに個性が形成されていますので、噛み癖やその他の行動を改善し、自分の生活に慣れさせるには、やはり根気と努力が必要になるでしょう。

1匹のフェレットと複数のフェレット

フェレットを飼い始めると、もう1匹欲しいと思う方が多く、現在複数のフェレットを飼っている方も意外と多いのが現状です。
2匹で室内をかけっこしている姿は見ているだけで楽しくなりますし、1匹で飼っているよりは、フェレットにとっても毎日が楽しいと感じられますよね。

ただ複数のフェレットを飼う場合には、1匹の倍の努力と費用、手間と時間がかかるのは当然です。
また相性の良いフェレットであれば特に問題はないのかもしれませんが、万が一相性の悪いフェレットの場合には、常にケンカが耐えず、目が離せない、それぞれで遊ばせなければいけないので、更にフェレットにかかる時間が多くなるといったデメリットもあります。

最初から複数のフェレットを飼うのではなく、1匹をとりあえず飼ってみて、生活が落ち着き始めたら2匹目の購入を検討してみるといいでしょう。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top