menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットって何?

フェレットはイタチ科に属している

近年小動物をペットとして迎えている方が多くなっています。
特に一人暮らしの生活を癒してくれる相棒として、人気が高くなっています。

その中の一つにフェレットがあります。
フェレットとは、イタチ科に属する肉食系の哺乳動物で、ほっそりとした体つきが特徴的です。

細くしなやかな体に、短い足が4本つき、素早く動きまわり、ネコ目の動物とはやや異なる特徴があります。
例えば、足の指全てに、爪をつけ、鋭い歯を持っています。

さらに縄張りを主張するためのものとして、肛門近くには、強烈な匂いを放つ臭腺が備わっているのもフェレットの特徴の一つです。

体の大きさは、それぞれの種類によって異なり、手のひらにおさまるようなサイズのイイズナというネコ目では最小クラスの種類から、小型犬と同じサイズの体型を持っているラッコやクズリなどもフェレットと同様にイタチ科に属する哺乳動物に分類サれています。

かつては狩猟、実験用として飼育されいた

フェレットがどのようにして人間と生活をともにするようになったのかと歴史をさかのぼってみると、そのスタートはヨーロッパにあります。

そもそもは、ヨーロッパケナガイタチやステップケナガイタチと呼ばれている野生のイタチが家畜化されたことがはじめて、現在では、世界中のどの地域でもペットとして愛されるようになっているのです。

その他にも狩猟や実験、毛皮の採取用にと捕獲されていた動物もいるという文献があります。
フェレットと同様のイタチ科には、カワウソやアナグマなどの種類もあって、メスの方が若干小さい目のサイズになっているのが特徴的です。

狩猟用に使用されていたフェレットの毛の色はアルビノがほとんどです。
アルビノは、メラニンの生合成に関する遺伝子欠損によって生まれつき、メラニンが少なく、体全体が白く、眼の色がピンク色をしているのが個体の特徴です。

これらの症状のことを先天性の白皮症といったり、白化現象という呼び方をする研究者もいます。
ちなみに、このようなうまれつき、色素の薄い症状をともなった状態で誕生する動物は、フェレット以外にもペンギンなどにも確認されています。

日本でフェレットがお目見えするようになった当時は、白イタチという訳され方をしていたようで、当初は、実験用の哺乳動物として使用されていたようです。

現在でもまだまだ取り扱っているペットショップなども多くはありませんが、フェレットを飼っている方も年々多くなっています。
ファームによって性格や体質、サイズや毛色も全く異なる種類があり、販売されている価格も安いものから高額なフェレットまで幅広く取り扱われています。

その生態や性格について、まだまだ解明されていない部分もありますが、あの愛くるしい顔つきと動きに日々癒されている人間も非常に多くなっています。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top