menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

安全なフローリング対策を教えて

見た目の美しさや掃除のしやすさから、最近では、フローリングを活用しているお宅がとても多くなっています。
ワックスをかけて、ツルツルの状態にしている人もいますが、フェレットを放牧する場合には、注意をしなければなりません。

フローリングで放牧の危険性

フェレットを放牧する場合、つるっつるのフローリングの上で行う方がいます。
しかしあまりにも滑る床で上手に歩行ができずに、歩行しようと何度も挑戦するフェレットもいますが、滑っている状態を改善せずにまた放牧を繰り返すことで、次第にフェレットは、歩行事態が出きなくなります。

常に滑ったような印象を受けた場合には、速やかにフローリング対策を行う必要があります。
加齢によって、次第に筋力の低下や骨がもろくなりますので、滑った状態で無理に歩行させていると最終的には歩くことでさえ困難となるでしょう。

フェレットは、歩行する度に滑るので、ストレスを抱え嘔吐や下痢、食欲不振に陥る事があります。
一度植え付けられた悪い記憶を取り除くことは、難しくなりますので、フェレットが床の上で滑っていると確認できた場合には、速やかに対処するようにしましょう。

滑らないような床を提供しよう

フェレットの足腰を守り、滑らないようにするためには、フローリングの上に滑り止めのマットを敷いたり、滑り止め剤を使用する事が可能です。

ワックスによってフローリングはとても綺麗になりますが、フェレットを飼っている人で毎日放牧の時間を作っているという場合には、足腰に大きな負担をかけないためにもワックスをかけないようにしてください。

近年動物のヘルニアが急増しています。
室内で飼われている動物は、家の中を歩くためには、フローリングなどの場所を避ける事はできません。

無理に歩行することで腰や首などの炎症になりますので、フェレットを飼っている場合には、見た目の綺麗さよりもフェレットの健康を先に考えるように心がけましょう。

ヘルニアになってしまうと、手術をしなければ治らない事があります。
若いフェレットの場合であれば、改善の見込みはありますが、高齢期になると手術が難しくなります。

骨は徐々に変形し、寝たきりの状態になることも考えられますので、飼い主が注意をしなければなりません。
フェレットの椎間板ヘルニアは、床の上で滑っているという原因以外にも高いところからの落下によっても発症する事があります。

椎間板ヘルニアになるとちょっとした刺激にも敏感になりますので、内科的には健康でも寝たきりの状態を避ける事はできなくなります。

好奇心旺盛で活動的なフェレットが寝たきりになるのは非常に辛い状況です。
フェレットの健康を維持するためにも安全なフローリングが提供できるよう対策を取りましょう。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top