menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットは他の動物と仲良くできる?

小さなサイズのフェレットを1匹育てると、もう1匹欲しくなるという方がいます。
同じフェレットどうしてあればすぐに仲良くなることもありますが、他の動物を飼っている場合には、相性はどのようになっているのでしょうか。

例えば犬や猫をすでに飼っている人、フェレットを飼った後に犬や猫を飼うことになった人もいますが、フェレットは他の動物を仲良く過ごす事ができるのでしょうか。

犬とフェレットの相性

犬は、すでにご存知の通り、飼い主にとても従順で、躾もしやすく、高度な技を学ぶ事ができます。
知能が高く人間との生活がスムーズにできる動物で、時に目の不自由な方の生活のサポートや高齢者のメンタル面をサポートするなどなくてはならない存在となっています。

しかし飼い主の独占欲も強く、新しく迎えた動物を快く受け入れられない場合もあるようです。
先住者の犬が新しく迎えた動物を攻撃するといった事例もありますので、犬とフェレットを飼う場合には、犬の性格をよく読みとるようにしましょう。

例えば気性が比較的穏やかな犬種の場合には、フェレットとすぐに仲良くなることができます。
ところがもともと気性の荒い犬種や闘犬、狩猟犬として飼われていた場合には、しつけが行き届いていない場合には、フェレットへの危険度が高くなるかもしれません。

性格が荒く、凶暴性のある犬をすでに飼っている場合には、フェレットを飼うことを諦めた方がいいでしょう。
フェレットを先に飼っていた場合には、比較的犬とのコミュニケーションが取りやすい場合があります。

実際に犬とフェレットを飼っている人の意見を参考にすると、ラブラドールやゴールデンデトリバーなどの気性の穏やかな大型犬とフェレットは、比較的仲良くなることができるようです。

しかしマルチーズやポメラニアン、パピヨンといったおとなしすぎる犬種は、フェレットとの相性は良くない傾向にあるようです。

猫とフェレットの相性

では猫の場合は、どうでしょうか。
意外と多いのが、猫とフェレットを一緒に飼っている方です。

同じような習性を持っている猫とフェレットは、すぐに仲良く一緒に遊ぶようになると言われています。
好奇心旺盛なフェレットとできるだけ自由にして欲しい猫が一緒にじゃれて駆け回っている姿に癒されている飼い主はすごく多く見受けられます。

しかしいくら相性が良いからといっても、猫が先住者としてすでに家にいる場合には、猫の気持ちを良く考え、これまで以上に猫にかまってあげるなどの工夫が必要です。

新しく迎えたフェレットばかりに気が向いていると、猫は、ひねくれてしまう可能性があります。
いずれにせよ、双方が気持ちよく過ごせるためには、飼い主の行動一つにかかっていると思いますよ。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top