menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットが懐くまでの時間ってどのくらい

初めてフェレットを飼った人は、一体どのくらいの期間で飼い主やその環境に慣れてくれるのかを不安になっているようです。
なかなか慣れてくれないことに苛立ったり、焦ったりすることもあるようですが、すぐに慣れないのは、当然のことですから時間をかけてゆっくりと待ってあげましょう。

フェレットがなつくまでに必要な時間

飼い主が優しい声をかけ、美味しいフードを与えたとしてもそうそうすぐに飼い主や新しい環境になれることはないでしょう。
フェレットは、これまでとは、全く異なった環境に戸惑い、見ず知らずの人間を飼い主だと紹介されても全く理解できません。

しかも狭いケージの中に入れられ、それはそれは不安でパニックになっていることでしょう。
どんなに優しい飼い主だとしても、フェレットが心を許すまでじっくりと待つ他方法はないと思います。

無理に懐かせようとするのは、よくありません。
とにかくフェレットとのコミュニケーションを図り、努力するだけきっと心を許してくれるのではないでしょうか。

現在ペットとして飼われているフェレットは、本来イタチ科の種類で、野生で生息しています。
それを飼い主が家畜化し、時を経て、交配の仕方を変え、人間が飼いやすいようにと改良されているのです。

ですからそれほど焦る必要もなく、時間をたっぷりとかければ確実に飼い主になれる時が来るはずなのです。
時々野性味が強い性格を持っているフェレットもいるようですが、それでも飼い主に慣れてくるといいますので、安心しても良いでしょう。

なつきにくいと思っている飼い主ほど、フェレットとよりコミュニケーションをとろうと努力しているとおもいますので、知らいないうちにフェレットは心を許すようになっているはずです。

どのような努力が必要?

フェレットに限ったことではありませんが、ペットと親密な関係を築くためには、ペットの気持ちになっていろいろなことを考えてあげるということではないでしょうか。

自分だったらどうして欲しいのかを先ず考えて上げると自然とフェレットに対する行動が見えてくると思います。
なついて欲しいからと無理に捕まえようとしたりするのは、ペットに不信感だけを与えてしまいます。

特に新しく迎えた初日から数日間は、フェレットの不安がおさまるまで優しく見守ってあげましょう。
新しい環境になれるまでは、神経が過敏になり、飼い主の声や歩く音にでさえ、恐怖をかんじる事もあるでしょう。

忍耐強く、時間をかけて待つ姿勢こそが、フェレットとの信頼関係を築く為の秘訣だと言えます。
好奇心旺盛なフェレットは、数日もすればすぐに新しい場所に慣れてきます。

ただし臆病な子もいますので、大声を出したり、手や尻尾を引っ張って無理にケージから出そうとしないように気をつけましょう。
特にお子さんがいるお宅では、ケージを叩いたり寝ているフェレットを起こしたり、いたずらをすることもあります。

ストレスから体調を崩すフェレットもいますので、気をつけるようにしてください。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top