menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットに関する飼育の悩み

犬よりも小さく、猫よりも人間とよくじゃれることから近年とても人気が高まっているフェレットですが、実際に飼ってみるといろいろな悩みがあるようです。

しかしこれはフェレットに限らず、どの動物を迎え入れても飼育には、いろいろな問題が発生します。
フェレットといえ、幅広い種類とそれぞれに性格が異なりますので、一筋縄ではいかないのが当然なのです。

ここでは飼育に関する様々な悩みについて考えてみましょう。

フェットの臭いがとても気になる

イタチ科のフェレットは、肛門付近に臭腺というものがあります。
縄張りを主張するための機能とも言われていますが、強烈な分泌物を出し、自分の存在を主張します。

通常フェレットを購入するときには、すでにこの臭腺除去手術が済んでいるはずなのですが、手術の仕方によっては簡易的に焼いて処理をしていることがあります。

その場合は、再び臭いが発生するようになるそうですね。
購入前に一度確認して見ることをおすすめします。

ただフェレットに限らず動物は、それ自体が独特な臭いがします。
また排泄物をそのままの状態で放置している場合にも室内が臭ってきます。

フェレットとの環境に慣れてくるとそれほど臭いが気にならなくなるようですが、外から遊びに来た友だちなどはすごく臭いを敏感にかんじるようです。

これらの臭いを予防するためには、ケージ内や飼育用品をこまめに掃除することが一番の対策方法です。
またフェレットを定期的にお風呂に入れるようにしましょう。

排泄物が気になる場合には、フェレットフードを取り替えてみるのもいい方法かもしれませんね。
飼い主の中には、人間用の消臭スプレーを使用する方がいますが、嗅覚の優れているフェレットにとっては、とても辛い状況になりますので、動物専用のものを使用するようにしてください。

噛み癖がなかなか治らない

フェレットを飼育している方で最も多い悩みの一つに噛み癖のしつけがあります。
性格によって、噛み癖が強い場合と、それほど気にならないフェレットがいます。

フェレットには何も悪気はなく、遊びの一貫で噛んでるのかもしれませんが、鋭い歯を持っていますので、噛まれると出血などの危険性があります。

飼い主が根気強く躾けることで、徐々に噛み癖は治るようですが、何度繰り返ししつけてもなかなか改善できない場合には、噛むと苦い味がすると言われているしつけ用のスプレーなどを利用するのもいいかもしれませんね。

躾をするためには、飼い主が同じことを繰り返し繰り返し教える必要があります。
焦らず、気長に躾を続けるようにしましょう。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top