menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットロスに向き合うには

人間と同じようにフェレットには、寿命というものがあります。
生きているものであれば、誰しも避ける事ができない事実なのですが、フェレットの場合、長くて8年と言われています。

近年では、動物を取り巻く環境が変化し、以前よりも寿命が長くなっているとは言われていますが、やはり飼い主より先に命の灯が消えてしまう事に変わりはありません。

フェレットを飼うということは、確実に死に直面する時がくるということを忘れないようにしましょう。
たっぷりの愛情をかけ、長く一緒に生活してきたのですから、そのフェレットがいなくなるということは絶対に考えられないといえます。

すごく悲しく辛い現実ではありますが、飼い主はそこでしっかりと向きあわなければなりません。

たっぷりの愛情を注ごう

ペットロスになる方がとても多く、ペットを失った悲しみから日常生活でさえ続けられないほど意気消沈すると言います。
しかし、もしあなたが飼っていたフェレットがその姿を見て、言葉を話せたら一体どのように感じ、どのような言葉をかけるのだろうか。

フェレットは、飼い主が崩れている姿を見ることはとてもつらく、死んでしまった自分を責め続けるのではないでしょうか。
自分が死んでしまったために、飼い主がダメになっていると死んでもなお後悔し続けると思います。

いつか迎える死に対し、しっかりと向き合う事ができるためにも、フェレットとの毎日を1日1日大切に過ごしてみるのはどうだろうか。

これ以上ないという程に愛情を注ぎ、時間をかけ、一緒に沢山の思い出を作ることがペットロスに立ち向かえる一番の方法です。
元気に生きているのに、死んだ時のことなんて考えられないという方もいるでしょう。

しかし絶対に迎える死のことを頭にいれておくことで、無駄な日を作ることは避けられるのではないでしょうか。

長く元気に生きてもらうために

フェレットが可愛すぎてついつい美味しい物ばかりを与えているという飼い主も多いようですが、可愛いだけではフェレットの健康を管理することは絶対にできません。

今安易におこなっているついついという行動は、フェレットの寿命を縮めているかもしれないのです。
少しでも多く長く元気で過ごしてもらうためには、時に厳しく、健康を管理しなければなりません。

動物とはいえ、子供を育てていることと何らかわりは無いのです。
フェレットは言葉が話せませんので、飼い主の与えているもの、与えている環境でしか自分自身の健康を維持することができないのです。

命の灯が消えた時に、きっと自分の飼っていたフェレットは幸せだったんだと心から思えるような行動を取るようにしてください。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top