menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットを火葬・埋葬する

フェレットを火葬・埋葬する時の注意点

たっぷりの愛情を注いできたフェレットでも寿命によって命を絶たれる事が確実にあります。
短い間だったのかもしれませんが、飼い主に与えてきた安らぎを忘れる事なく、最後はしっかりと供養してあげるようにしてください。

心の区切りをつけるためにもきちんとした別れ方が出来るようにしましょう。
フェレットなど動物を火葬、埋葬をするためには、専門の業者に依頼するのが一般的です。

全国各地に動物を専門としている火葬や埋葬業者がありますので、確実に連絡し対応してもらうようにしましょう。
中には、費用がかかるからといって自宅の庭に埋めたり、近隣の公園や河川敷など公共の土地に埋葬する方がいます。

そのような飼い主の行動には、呆れてしまいますが、このような行為は、地区によっては、条例や法律に抵触する可能性もありますので、注意をしてください。

自宅内で火葬をするから問題ないという言い分で、自らフェレットの亡骸を火葬する方もいますが、これらの行為も問題があります。

なぜならフェレットなど動物に火をつけて処理をする場合、悪臭や煙があたり一面に蔓延し、場合によっては、悪臭防止法に抵触する可能性もゼロではありません。

愛するペットを自分の手で供養したい、最後まで自分でやり遂げたいというのは自己満足の域に過ぎません。
また火葬ではなく、土葬をする方もいますが、特に周りの人に気付かれないから問題ないと考えていることでしょう。

ただ土葬した場所を他の動物に荒らされてしまった場合には、無残な姿を晒す事になりますので、そのようなかわいそうな事がないように気をつけてください。

飼い主のいろいろな思いがあってそれぞれの方法で、最後を迎えるとおもいますが、できるだけ法律などに触れない行為とフェレットに対する正しい行いをするように心がけてください。

業者に依頼した場合

ペット専門の業者に依頼した場合には、他のペットと合同で火葬する場合と、個別に火葬を行う場合などいろいろな方法で対応してくれます。

費用に関しては、各地区にある業者によってもかなりの違いはああります。
またペットの大きさによっては焼却炉の種類も違ってきますので、費用が高くなると考えてもいいでしょう。

最近では、火葬後のペットの骨を綺麗な箱に入れて、自宅に持ち帰り、いつでも家族のそばにいられるようなサービスをするところもあります。

また火葬した骨を特殊な機器で綺麗な色の砂に変え、アクセサリーに利用する事も出来るようです。
飼い主が納得できる方法が色々と準備されていますので、できるだけ専門の業者に依頼することをオススメします。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top