menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットとの別れを考える

ペットロスという言葉を聞いた事があるだろうか。
命あるものは、確実に死を迎えるのはすでに知っている事実だと思います。

フェレットを家族の中に迎え入れた場合にもなからず死を迎える時があります。
人間の寿命とは違って彼らに与えられている命はとても短く、その長さは6年から8年だと言われています。

愛情をたっぷりと注いだとしてもなからず命が途絶えるときはやってきますので、覚悟をした上でペットを迎えなければなりません。

縁起でもないなんて思わない事

寂しいからそんな死の事について絶対に考えたくない、考えられないという人の方が断然多いかもしれません。
それは当然ですよね。

しかし命の大切さを考える上で、フェレットとの短い時間をできるだけ楽しく、そして充実した毎日を送るためにもそれはとても重要なことなのです。

人間の年齢とは比べものにならないスピードで、フェレットの成長は急速にすすみます。
つまり老化のスピードが早いという事です。

ただ目の前にいるフェレットが可愛いいからという安易な気持ちから人間と同じような食べ物ばかりを与えているとどうなるでしょうか。

せっかくの与えられた命を人間の手によって更に短くしてしまう事になるのです。
フェレットが悪戯をして飼い主を怒らせてしまった、出先にフェエットを叩いたり、怒鳴ったりしたまま外出をしてしまった。

帰宅後、フェレットの体調が急変し、死を迎えてしまった場合、飼い主は一生そのことを後悔することになります。
縁起でもないなんて思わず、自分の今の行動がフェレットにとって良いことなのか常に考えて行動するといいでしょう。

写真や動画に思い出を撮っておこう

せっかく出会えたフェレットとの時間を写真が動画に納めてみるといいでしょう。
最近では無料で利用出来るブログや動画サイトを利用して、飼っているフェレットの成長の記録を多くの人に配信している方も多くなっています。

1日1日を大切にし、できるだけフェレットと一緒の時間を過ごせるような工夫をするのもオススメです。
仕事でなかなか一緒の時間を過ごせない人も、休日などの時間を利用して、散歩に出かけたり、その様子をブログにアップするとよりフェレットとの関係を深める事ができます。

ある日突然やってきた命の糸が切れた場合でも、思い出を沢山作っておくと、後悔なんて絶対に残らないと思います。
フェレットを迎える前に、いつかは絶対に訪れる死に対して真剣に考え、その時に後悔よりも思い出が沢山残せるような関係を築きあげれるようにしてください。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top