menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットを飼うデメリット

一人暮らしの生活に潤いを与えたい、家族の一員として動物を飼いたいなど人には、それぞれの理由からペットを飼う事があります。

しかしペットを飼うためにはそれなりの心構えが必要となりますので、実際に飼っている人の意見を聞いた上で飼うことを決めるのがオススメです。

特に最近は、アパートやマンションで生活をしている方からも人気が高くなっているフェレットは、犬のように大声で鳴かないという理由から安易に飼うことを決めている人もいるようです。

フェレットを飼うには、良い点ばかりではありませんので、デメリットとなることには、どのような状況があるのかを事前に理解しておくようにしましょう。

旅行や長時間の外出に制限ができる

フェレットに限ったことではありませんが、動物を飼うことでこれまでの生活とは違った環境を送る事になります。
例えば、フェレットは1日のほとんどを寝て過ごすと言われていますが、一人でお留守番が出来る時間は、朝から夕方にかけてくらいではないでしょうか。

ご家族と生活をし、常に家に人がいる状況下にある場合には、それほど気にすることもありませんが、例えば留守の間寝て過ごしているとしても、閉めきった状態の室内の温度などの環境が悪く、特に夏場の暑い時期は、熱中症なの危険も高くなります。

さらに旅行好きで家を留守にしがちな人には、ペットを飼うことは不向きです。
最近では、ペットホテルなどを利用することで長期の旅行にも対応できるようになりつつはありますが、フェレットなど特殊な動物の場合、受け入れを拒否するところが多いのが現状です。

2.3日分の食事を水を準備したから大丈夫というわけにもいきません。
留守の間ずっとケージの中にいることで、ストレスを感じ、暴れまわってケガをする可能性もあります。

また室内の温度変化によっては、体調を悪くし、急病になる危険性もあるのです。
仕事の都合上どうしても出張の機会が多いという方は、フェレットを飼うことを諦めるもしくは、事前に信頼できる方に預けられるような環境を作っておく事も必要です。

睡眠を邪魔される

一人暮らしの生活が長いと寂しいという理由からフェレットを飼う事がありますが、環境の変化に慣れるまでフェレットは夜中に起き出し、ケージを噛んでガチャガチャと動かす事があります。

その度に睡眠を邪魔される事になりますが、それでもフェレットを飼うことはできますか。
その音を無視し続けると、フェレットが過って歯を追ってしまう危険もありますので、その場合には、しっかりと目を覚まし、対応しなければなりません。

時々不安になったフェレットは、夜中に鳴き出す事もあるでしょう。
そんな時には、近くに寄り添って体を触ってあげたり、声をかけるなどをしなければいつまでたってもフェレットは環境に慣れることができないのです。

一人暮らしの生活が長い人の場合、ちょっとした物音に敏感になることもありますので、自分の性格や生活環境に適しているのか良く考えるといいでしょう。

フェレットを飼うことで、家族やその生活が一変し、とても楽しく毎日が癒されるというのは、間違いありません。
可愛らしい姿と無邪気な行動は、見ているだけで気分が良くなるでしょう。

しかし可愛いだけではペットを飼うことはできませんので、どのようなデメリットがあるのかを事前に確認するようにしてください。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top