menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

購入から飼育にかかる費用

フェレットを購入する場合には、購入費用がかかります。
里親などを利用するとショップで購入するのと比べるとかなり安い価格で譲り受ける事ができる場合もあります。

ただ、フェレットを飼うには、購入費用だけではないことは知っていますよね。
フェレットを飼うということは、生涯にかかる費用をあらかじめ計算しておく必要があります。

例えば、現在安定した収入がなく、自分の生活もままならないのに、安易にフェレットを飼ってしまうと本当に養っていけるのでしょうか。

フェレットを購入すると決めるのであれば、購入の前に、これからどのくらいの飼育費用がかかるのかを考えてみるようにしてください。

フェレット生体の価格は、数千円から数十万と価格の幅は広くなっています
例えば、バスバレーフェレットの場合、平均して2万前後、マーシャルで4万、アンゴラなど希少種の場合には、数十万円という事もあります。

逆に安い価格で販売されている場合には、去勢や避妊手術が完了していない事が多いですから、それらを希望する場合には、手術費用も考えなくてはいけません。

生活用品

フェレットは室内で飼う事になりますが、その場合には、ケージが必要となってきます。
フェレットのケージは、噛み癖のあるフェレットの体のことを考えられているものを選ぶようにしましょう。

体のサイズやトイレなどを設置した場合のスペースを考え、ゆとりのあるものを選択した場合、1万から5万程度の価格が必要となります

その他フェレットがケージ内で退屈しないようにとハンモックや給水器、フード皿やトイレなどが設置されます。
これらの用品は、生活にとって必要最低限のものとなりますので、購入前に準備する必要があります。

安い価格で揃えたとしてもざっと数万円はかかると考えていいと思います。
更に適度な運動と気分転換も必要になりますので、外出用の移動用キャリーバックもあるといいですよね。
ちなみにキャリーバックは5千円から1万円程度となります。

フード

フェレットは人間と同じような体の構造をしていませんので、人間の食事を与えるのはいけません。
その為ペットショップでは、フェレット用のフードが販売されています。

各フェレットの種類によって食事の量に違いはありますので、一概にはいえませんが、一ヶ月1000円から2000円程度では抑える事ができるでしょう。

ただし、1日1食200円から300円のお弁当を食べている人間の食事を考えるとかなり安い価格になりますので、もう少し質の良いものを与えてもいいかもしれませんね。

医療費

その他ケア用品などがありますが、一度にたくさんの費用が必要となるのが医療費です。
病気にならないためにも必要最小限の予防接種を受ける事も重要です。

予防接種にかかる費用は1年に1回6000円から1万円程度となり、フィラリア予防の薬が1回500円から1000円となり、体の大きさによって価格は違います。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top