menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレット オーガニックフード

フェレットの人気とともに、フェレットを取り巻く飼育用品やフードなどなどいろいろな商品が以前に比べて種類がすごく豊富になってきています。

幅広いメーカーがフェレットフードを手がけていますので、飼い主にとっては、選択肢の幅が広がりるのはいいのですが、一体どれを使用したらいいのか迷ってしまう事もあるでしょう。

最近では、健康志向の方も非常に多くなっていますが、ペットにもできるだけ体に良いものを与えたいと希望する飼い主もいるようです。

そこで以前と比べてペットフードは、ヘルシーなものが多くなり、オーガニック製品も幅広く販売されています。

オーガニックって本当に健康にいいの?

オーガニックフードは、一般的なフードに比べて価格が高くなっており、それだけで高品質な印象を受けるとおもいます。
材料のバランスがとても良く、消化吸収にも大変優れているオーガニックフードは、近年人気が高くなっています。

安価なフードに使用されている腐敗した肉などは、体内で酸を作り出しやすく、その結果栄養の吸収率を低くすることがあります。
オーガニックフードは、天然の素材を使用していますので、これらの心配をする必要はありません。

ただし、フェレットなど肉食系の動物には、栄養的に100%優れているとは言い切れないのが現実です。
オーガニックフードなど穀物を原料にしている商品には、少なからず繊維質が配合されていますので、フェレットにとっては、それが必ずしも良い製品であるとは限らないのです。

オーガニックと耳にするとどうしても体によく、安全性が高いものだと判断しがちですが、フェレットの体質に一番何が良いのかをじっくりと検討した上で、配合されている材料に目をみはるようにしてください。

ドックフードやキャットフードとの違い

犬とフェレットを一緒に飼っている人の中には、同じエサ箱にドックフードを与えているということも稀にあるようですが、ドックフードで育っているフェレットの体は、一般的な大きさよりも小さく、不健康な成長を遂げると言われています。

フェレットの体質と犬の体質は異なっていますので、フェレットがドックフードを食べてもほとんど栄養にならない事があるのです。

更に内臓系に負担をかけてしまいますので、ガンやその他の病気を発症することもあると言われています。
ドックフードに比べ、キャットフードは、フェレット専用のフードにやや近いこともあって、代用品として使用している方も現在意外と多いのです。

しかしキャットフードや猫用に作られていますので、本来はフェレット専用のフードを与えるようにしてください。
動物は、飼い主が与えるフード以外の食事を摂取することはできません。

健康を大きく左右するのは、食事となりますので、飼い主は与える食事に真剣に向き合い何が一番フェレットの良いものかを選別出来るようにしましょう。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top