menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

与えるお水の注意点

フェレットに与える食事や水やできるだけ新鮮なものが良いとされています。
小さい体ながら1日に何度も水を飲むフェレットに対しては、常に綺麗な水を準備しなければなりません。

フェレットに与える水の種類

新鮮な水であれば、どんな水でもいいのではと思っている飼い主もいるかと思います。
水には、水道水やミネラルウォーターなどがありますが、フェレットの体を気にするがあまり、高いミネラルウォーターを与えている人も以外にも多いのです。

しかし人間のようにミネラルウォーターがフェレットの体に良いということはありませんので、注意をしましょう。
ミネラル分がフェレットの体にとりこまれた場合、結石の原因になると言われているのです。

お住まいの地域によっては、水道水がきたない、新鮮じゃないと感じている場合、浄水器などを使用してみるのはどうでしょうか。
それほど高い浄水器を使用する必要はありません。

最近では、低価格で販売されている浄水器もありますし、フェレットだけでなく、人間の健康維持にも良い方法だと言えます。
水道水を煮沸し、熱をとったものを使用する事も良いと思われますが、毎日それをおこなうのが面倒だという人もいることでしょう。

しかし近年どの地域の水道水も飲める位綺麗になっていると言われていますので、フェレットにとっては水道水が最も適しているのかもしれません。

ペットショップには、フェレット用のお水というものも販売されていますので、色々とためしてみるといいでしょう。

水は一日一回は取り替えるが鉄則

当然ですが、意外とおろそかになっているのがお水の取替です。
見た目に特に問題無いからと、昨日入れたお水をそのまま使用する飼い主もいますが、絶対によくありません。

特に浄水器や煮沸している水を使用している場合は、塩素が除去された状態にありますので、日持ちは良くありません。
水は古くなると匂いが発生し、味も極端に悪くなります。

フェレットの嗅覚は人間よりも優れていますので、1日放置された水を飲ませるのは本当にかわいそうですよね。
人間のお水は、冷蔵庫に保管されていますので、それほど心配はありませんが、フェレットのお水に関しては、常温で放置されていますので、すぐに傷んでしまうと思います。

1日1回、できれが朝と午後には、新しいお水に取り替えるような習慣をつけてください。
また水だけを変えるのではなく、給水ボールやボトルを軽く洗ってあげるようにしましょう。

水が古くなるということは、フードをふやかして与えている場合にも同様の事が言えます。
ふやかしフードを1日置きっぱなしにするとドライの場合に比べて痛みが早くなります。

季節によっては半日持たない事もありますので、すぐに取り替えるようにしてください。
匂いや食感に変化がなくても、菌が繁殖しやすい状態にありますので、フェレットがそれを食べてしまうと下痢の原因になる可能性が高いといえます。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top