menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットフードの 消化酵素について

フェレットフードに関心が高い人には、すでにご存知の事実だと思われますが、フェレットフードには、消化酵素というものが若干欠けているのです。

肉食獣のフェレットにとって、消化酵素という物質は非常に必要不可欠です。
なぜなら消化酵素というものは、ものを消化、分解し、体内に吸収しやすくする物質です。

消化酵素について

酵素という物質には、消化酵素と代謝酵素という2つの種類に分けて考えられています。
消化酵素というものは文字とおり、体内に取り込まれたものを消化し、細かく分解して栄養素として体内に吸収するための酵素となります。

消化酵素には、でんぷんで出来ているアミラーゼつまりブドウ糖とタンパク質で出来ているアミノ酸、脂肪で出来ている脂肪酸といいうものがあります。

万が一この消化酵素というものが機能しない場合には、食べ物の消化と分解がおこなわれませんので、未消化の物が血液中に入り込みドロドロ血液として血の流れを阻害し、血行不良を起こすというのです。

さらに消化不良になったものが蓄積されることで、悪玉菌を発生させ下痢や便秘の原因にも繋がります

フェレットフードに酵素が含まれていない

このように消化酵素というものは、フェレットにとって大変重要であるにもかかわらずフェレットフードには、ほとんど含まれていない事が多いと言われています。

フェレットなど動物のフードを加工する場合、ドライにするため高温で熱を加えます。
高温の中では、消化酵素を生かすことはできないのです。

では消化を促すためにどうしたらいいのかと考えた場合、水を大量に摂取したら大丈夫というわけでもないようですね。
フェレットフードの今後の課題になることは間違いないと思われます。

ただ現在販売されているフェレット専用のフードは、消化がしっかりとされるように工夫されています。
またフェレット自体にすべてのフードを消化させる能力がありますので、安心してもいいでしょう。

それでも消化酵素などをより高めたいという場合には、乳酸菌などをサプリメントを利用してみるもいいのかもしれませんね。
気をつけたいのは、ドライフードなどには決して乳酸菌などの消化酵素を含める事はできないということです。

フェレットフードの中には、乳酸菌などが配合されていると記されているものもありますが、本当にそのような事が可能なのかと若干疑問に思ってしまう点でもあります。

ドライフードを与えてみて、少しでもフェレットに体調不良が確認された場合には、速やかに使用を中止し、別のフードをためしてみるといいでしょう。

本当に良いフードというものは、フェレットの体に何かしらの影響を与え、体質に合わないフードについてもそれなりの影響が確実に体に現れると思います。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top