menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

キャリーバックの選び方

フェレットを飼うと、室内だけで運動をさせたりすることにも限界があります。
時には、近くの公園にでかけたり、一緒に車でドライブをすることもあるでしょう。

その他にも動物病院への定期健診などで外出する機会もあると思いますので、最低でも一つお出かけ用のキャリーバックを準備する必要があります。

多めに外出を楽しみたい場合には、用途にあわせていろいろなタイプのキャリーバックを準備しておくと大変便利ですよ。

ケージタイプのキャリーバック

ケージタイプのキャリーバックは、車や電車などの移動手段を使う場合に大変便利です。
その他にも自宅以外の場所へお泊りをする場合や隔離ケージとして使用する場合にもオススメのサイズです。

外出先など環境の違う場所で手軽に利用できるように、出入り口がいろいろな場所についているものがいいと思われます。
なれない環境にいるフェレットは、興奮している状態にありますので、ケージの中からなかなか出て来なかったりする場合に出入り口がたくさんあると使い勝手がよくなります。

更に場所によって、入り口の位置を簡単に変更できるますので、中にセットするものも自由自在に移動できます。
ケージタイプのキャリーバックが一つあると、多頭飼いの場合にも大変便利に利用できます。

例えば1匹の体調が悪い場合、別々の場所に隔離するときなどに利用できますので、予備ケージとして利用可能です。
フェレットと頻繁に旅行を楽しみという場合には、航空規格にあったサイズのキャリーケージを準備するようにしてください。

バッグタイプのキャリーバック

短時間の移動や車に備え付けるタイプのキャリーバックとしては、バックタイプのがオススメです。
近くの公園に移動するために使用する場合やちょっとした移動用に大変便利です。

バックタイプのキャリーバックは、簡単な作りとなっており、なにより軽量化されているものがほとんどですから、女性の力でもが軽々と持ち運ぶ事ができます。

折りたたみタイプのキャリーバックもありますので、狭い場所でも必要としない場合には、たたんで収納できるのも嬉しいですよね。

ただ、作りがすごく簡単になっていますので、フェレットを移動させる場合、体をバック内部の素材が擦れたりしないような工夫をしなければなりません。

中にフリースなどの柔らかい素材のマットや布をしいて上げるだけで、問題を解決できるでしょう。
また底面にしいてあるシーツ等は、齧歯目のフェレットの鋭い歯で、噛みちぎられたり、穴を掘って破られたりしないように工夫をするようにしてください。

バックタイプのキャリーバックは、手持ちタイプや肩からかけられるタイプなどいろいろなデザインが準備されています。
力の弱い女性には、前で抱きかかえられるようなタイプのものもありますので、移動用に一つ持っていると便利です。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top