menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

100円で作るフェレットのおもちゃ

好奇心旺盛なフェレットは、目の前にあるもの全てに興味を抱きます。
その為、なんでも口に入れてしまうことから、誤飲による危険もとても高いのです。

起きている時には、活溌に動き回っているフェレットを安全に遊ばせるためにも、おもちゃや遊び道具が必要となります。
しかし、齧歯目は鋭い歯をもっていますので、ペット・ショップから買ってきたおもちゃをすぐに壊してしまいますので、またすぐに新しいものを準備しなければなりません。

ただペット・ショップなどで販売されているおもちゃなどの玩具によっては、匂いがきついものや接着剤などを多く使用しているものもあって、フェレットの健康を考える上で若干危険に感じる事もあります。

安全にしかも安く費用を抑えるためにもフェレットのおもちゃや遊具を手作りしてみるのはどうでしょうか。

おもちゃを手作りしよう

フェレットが大好きなおもちゃや遊具を身の回りにあるものを活用して手作りしちゃいましょう。
100円ショップを利用するととっても安く、安全性の高いおもちゃを作る事ができます。

つくるのは、難しいかもと思っている人もたったの1時間程度で作れる方法もありますので、一度フェレットのおもちゃ作りにチェレンジしてみるのはどうでしょうか。

材料選びのポイントは、フェレットが口にしても安全であるという素材を使いましょう。
着色されていないものや、ニスや薬品が使用されていないもの、プラスチックなどの素材はさけ、ビニールコーティングなど飲み込む危険性のものを避けるようにしましょう。

自宅にある古いクッションや衣類を活用するのもお勧めです。
例えば、ちょっと大きめのジーンズの足の部分をカットするだけで、フェレットはトンネル代わりにすぐに遊ぶようになります。

またクッションなどを利用してボールを作ったり、フィルムケースに鈴を入れるだけで転がして遊ぶおもちゃに大変身です。
100円ショップにあるカゴは、フェレットの遊び場に最適です。

中に入って、ゴロゴロと一人遊びをするようになるでしょう。

ダンボールでトンネルをつくろう

トンネルなどの隙間に潜り込んで遊ぶのが大好きなフェレットには、ダンボールで長いトンネルを作ってあげましょう。
小さめのダンボールを幾つか準備し、1個1個をテープでつなげていきます。

煙突のような部分も作っておくと、動けるスペースが多くなり、好奇心旺盛はフェレットには、格好の遊び場になります。
ダンボールはすぐに壊されてもまたすぐにつくれますので、思う存分運動させる事ができますよ。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top