menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

危険な床材

最近では、フローリングの床材を使用しているお宅が多くなっています。
見た目にも綺麗ですし、掃除もしやすいのでとても人気ですが、フェレットにとってフローリングの床面はとても危険です。

つるつるの床は腰を痛める

フェレットなど肉球を持っている動物の場合、フローリングなどつるつるの床面で常に滑っている状態にあります。
赤ちゃんフェレットなどまだ若いフェレットの場合には、肉球がプリップリで特に気にすることもないと感じているようですが、これが徐々に年を重ねることで深刻な病気を発症させてしまいます。

飼い主は、無意識に床面を綺麗にし、ワックスなどをかけている事がありますが、フェレットは放牧された時に、ツルツルの床に這いつくばって、歩いている事があります。

その場合、腰や関節に大きな負担をかけている事があるのです。
関節や腰への負担は、高齢になるにつれて、関節炎やヘルニアなどの症状を悪化させることになります。

見た目には、分からない動物の老化は、骨の部分から特に深刻な状況になると言われています。
腰や関節の痛みを感じても訴える事ができませんので、飼い主が気がついた時には、すでに手遅れの状況になっているという事がほとんどなのです。

最近動作サイトで、滑る床でもがいているフェレットの姿が可愛いと撮影している人もいますが、フェレットにとってはどうなのでしょうか。

フェレット使用の床材にチェンジしよう

どうしてもツルツルのフローリングが気に入っているという飼い主の場合は、フェレットを放牧する時間だけでも滑り止め用のマットを敷いてみるなどの工夫をしましょう。

フェレットの肉球がしっかりとはりつけるようなマットを敷くことで、関節や腰に負担をかけることなく安心して運動をさせることができます。

マットを敷くことで、飼い主にとってもフローリングを傷つけたり、汚されたりする心配はないですよね。
特にアパートやマンション暮らしをしている場合には、退去の際に綺麗に引き渡す事ができますので、大変お勧めです。

いつまでも健康で活溌なフェレットでいさせるためにも、足腰の負担を軽減出来るように工夫をするといいでしょう。

近年増加のヘルニア

最近では、ペットとして飼われているフェレットや犬、猫にヘルニアの症状が多く確認されているようです。
目には、見えない部分でもあることから、症状が悪化してはじめて病院にくるケースが多く、手術などの費用がとてもかかってしまうようです。

骨を強くし、予防する方法としては、足腰に負担をかけないような生活環境を整える事が重要ですが、その他にも骨を強くするためのサプリメントなども販売されているようです。

いろいろな方法を検討し、骨に負担をかけないように対策を取るようにしましょう。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top