menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットのくしゃみ

季節柄人間は、風邪を引いたり、鼻詰まりやくしゃみなどの症状を引き起こす事があります。
これらの症状は、何も人間だけに発症するのではなく、フェレットも時々咳やくしゃみのような症状を引き起こす事があります。

動物の種類によっては、人間の風邪がうつらない場合もありますが、フェレットは近くにいる人間の菌がうつってしまう事があります。

風邪などの菌に感染すると、元気がなくなり、いつもよりも多めの水分を摂取することがあります。
体の小さなフェレットは、風邪などによって大変な病気に発展する危険性もありますので、すぐに病院を受診した方がいいでしょう。

風邪以外のフェレットのくしゃみ

フェレットのくしゃみや咳の症状の原因が何も風邪などの菌によるものばかりではありません。
ハウスダストなどホコリの影響によって、アレルギー反応を引き起こしている可能性もあります。

ペットショップから連れてきたばかりのフェレットは、特に新しい環境に慣れていないことで、ホコリに過敏に反応している事がよくあります。

一般的には、数日から数ヶ月では、その環境になれていくので、咳やくしゃみの症状は改善されるでしょう。

風通しをよくし空気をクリーンにしよう

日頃から窓を締め切った生活をしている人、カーテンや絨毯の掃除を怠っている場合には、フェレットだけでなく、人間でさえホコリなどハウスダストの影響を受けている人がいます。

咳やくしゃみだけでなく、皮膚に炎症を引き起こし、かゆみやかぶれといった病気を発症させることがあります。
慢性的な呼吸疾患は、フェレットの小さな臓器を徐々に蝕み、機能低下を招く事になりますので、フェレットを迎え入れた場合には、特に室内の空気環境をクリーンにできるよう努めてください。

目に見えないホコリが蔓延することで、それをエサにしているダニなどを大量に発生することとなり、人間だけでなく、フェレットにも影響を与えます。

フェレットが快適に生活出来るように環境を整えるためには、カーテンやカーペット、壁や家具の裏や天井などのホコリを取り除き、毎日室内の淀んでいる空気を入れ替えるようにしてください。

飼ったばかりのフェレットはの入浴に注意しよう

迎えたばかりのフェレットは、新しい環境に慣れるまでに若干の時間がかかります。
これまでとは、違う空気に戸惑い気管支炎や皮膚炎といった症状により体力がやや落ちている事があります。

これらのアレルギー反応は、一時的なもので、すぐに環境にも慣れていくると思います。
ですから環境になれ、気持ちの落ち着きが確認できるまで、入浴などを控えるようにしましょう。

体力が消耗している時期に、お風呂に入れてしますと風邪などをこじらせてしまう危険性もあるのです。
その他気温が下がらい、空気が乾燥するじきになると人間は、インフルエンザなどの菌に感染することもありますので、万が一風邪などになってしまったら、マスクをし、フェレットに近づかないように注意をしてください。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top