menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレットの寿命

犬の寿命は以前と比べて長くなってきていると言われています。
10年から15年生きる事もあります。

近年のペットブームの影響を受け、ベットに与える食事やその環境が整っているというのも一つの原因となりますが、ただ高齢になることでそれに関する問題も多いのが現状です。

どのような結果であれ、家族の一員同様に愛情を注いでいるペットが長く元気に生きることは飼い主の願いとなりますが、平均的な寿命よりも短く生涯を終えてしまうケースもあります。

フェレットは寿命が短い

小動物の寿命は犬などに比べるとやや短めにあります。
フェレットは、誕生してから大人に成長するまでのスピードはすごく早いのが特徴で、その分老化も早いのは当然です。

誕生して4年目には、高齢期といわれる時期に入ると言われているフェレットですが、老齢期に入るとこれまでとは体調面にいろいろな問題が発生してきます。

活溌に動き回っている時間が徐々に減り、寝ている時間がとても多くなります。
食欲旺盛で、何に対しても好奇心旺盛の子供の頃とは違って、食事を摂ることが難しく、トイレが上手にできずあっちこっちで粗相をすることもあります。

フェレットの寿命は平均して6年から8年だと言われています。

食生活環境によって寿命は長くなる

フェレットに限らす、命あるのもは、必ず終わりを迎える時期が来ます。
人間や犬、猫やフェレットなどその種類によって、平均的な寿命と言われている年齢もあります。

しかし世の中には、平均寿命をはるかに上回って元気に長生きをする動物も多い一方で、平均寿命をはるかに下回って命を落とすケースもあります。

これらの違いは日々の生活環境にあると言えます。
人間の平均寿命をのばす為には、自分の生活の環境をしっかりと整え、バランスのとれた食事を摂取したりと気をつける事ができます。

しかしフェレットなど動物の場合には、食事や生活環境を飼い主が注意する必要があります。
フェレット用の食事を与えず、人間が食べている高カロリーなものばかりを与えていると糖尿病や高脂血症などフェレットの寿命を縮めてしまうことは確実です。

また長時間ケージの中に入れっぱなしで、遊ぶ事もせず放置することでフェレットはストレスを感じ、それにより健康被害を受ける事もあるでしょう。

フェレットの健康や快適な生活環境を管理し、長く健康で生きるためにも飼い主のサポートが必要なのです。

病気の早期発早期治療

フェレットが死んでしまう原因で最も多い病気が癌だと言われています。
ガンに侵されてしまったフェレットは、助かる確率が非常に低く、悲しい結果となるでしょう。

人間同様に病気にならないための生活環境を整える予防は必要ですが、年1回程度の定期健診などを受けるのもとても重要なのです。

フェレットの寿命を延ばすも短くするのも飼い主の管理次第だというのは確実です。
健康で幸せな生涯をおくらせてあげるためにも、できる限りのことはするようにしましょう。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top