menu

フェレットの飼い方~初心者の飼育法~

フェレット購入時にかかる費用

費用はどのくらいかかるの?

購入したいフェレットが決まったら、実際にどのくらいの費用がかかるのかを事前に計算してみるとスムーズに手続きを済ませる事ができるでしょう。

安易にフェレットを買ったはいいが、その後飼育にかかるグッズや食事代、病院代などなどそれらの費用が足りず、フェレットに十分な環境を整えるのが難しくなることがあります。

近年のペットブームの影響を受けて、小動物や爬虫類はとても人気となっていますが、それと同時に育てることが面倒、育てるだけの収入が足りないといった人間勝手な理由から近くの公園に捨てたり、大切で尊い命を粗末にするケースが急増しているのも事実です。

そのような自体に追い込まれないように、購入の前に、どのくらいの費用が必要であるのかを計算する事はとても重要なことなのです。

フェレットの価格相場

まず気にいったフェレットを見つけたら、ショップで金額を確認するといいでしょう。
フェレットを取り扱っているショップや育てられたファームによっても価格は異なります。

最も安い価格で数千円、高い価格で数十万まで取引が行われています。
ただあまりにも安い価格で販売しているショップは、去勢や避妊手術が行われてない場合がほとんどとなりますので、事前に確認し、納得する価格であるのかを検討しましょう。

また後々トラブルに発展しないためにも手術完了証明証や種類についての証明証などを発行してもらうようにしてください。
フェレット自体の価格をどうしても抑えたい場合には、里親に出されているフェレットを譲り受けるのも一つの方法です。

里親の場合には、またそれなりにデメリットがありますので、その辺りを検討しましょう。

住環境にかかる費用

フェレットは犬や猫と同様に、定期的にお風呂に入れて、洗浄をしなければなりません。
特に外でお散歩を楽しんだ後は、ノミやダニ等が付着することもありますし、体臭が臭くなる事もあります。

人間用のシャンプーや石鹸はフェレットにとって刺激が強い成分が配合されていますので、フェレット用のものを使用するようにしてください。

ペットショップや病院では、フェレット用のシャンプーやリンスが販売されています。
その価格は、数百円から数千円程度となっています。

それ以外にも耳の掃除に利用するイヤークリーナーや室内用のケージ、移動用のケージや食事代、水受けや食事皿、おもちゃやトイレ関連の飼育用品などを準備する必要があります。

フードについては、それぞれのフェレットで好みが分かれますので、安いものを美味しく食べてくれる子やアレルギー体質で専用のエサ以外は受け付けない体質の子等がいます。

フードの種類によって違いますが、1ヶ月高くても5千円程度では抑える事ができるでしょう。
人間の食事やおやつを与える人もいますが、それによって虫歯や糖尿病などの病気にかかるリスクが高くなりますので、注意をしましょう。

その他にも病院代やワクチン、各予防接種などの費用も必要となります。
それらの費用を十分に準備できるのかじっくりと検討してみるといいでしょう。


フェレットのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
フェレット用品通販サイト
フェレットの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top